FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

教科書はすべてふりがなつきの漢字、かな混じり文に
 ひらがなはすばらしい発明だ、ひらがなさえ覚えれば、何でも読めて書ける、と書きました。

 しかし、ひらがなだけの文は読みにくい、とも書きました。

 きょう、おきなわは よくはれています。

 と書くより

 きょう、沖縄はよく晴れています。

 と漢字も混じった方がずっと読みやすいです。

 ところが漢字はたくさんあり、ひとつ一つ覚えていかなければいけません。漢字混じりの方が読みやすいと感じるのは、その漢字を覚えている人にとってです。

 しかし、「ふりがな」という便利なものがあります。

 きょう、沖縄(おきなわ)はよく晴(は)れています。

 とすればいいのですね。(本当は横につける)

 明治の新聞や雑誌を見ると、すべてふりがながついています。あれはだれでも読むことができます。ひらがなさえ学んでいればですが。

 ぼくは、教科書はすべてふりがなつきの漢字、かな混じり文にしたらどうかと思います。齋藤孝氏もどこかで書いていたと思います。

 小学1年生にも常用漢字の範囲で漢字を与えるのです。そしてまだ学んでいない漢字はふりがなとつければいいのです。

 すると小学1年生でも不自由なく読むことができます。

 そして、まだ学んでいない漢字に慣れ親しむことができます。

 習った漢字は、ふりがなをつけないようにしたらいいですね。いつまでもふりがな付きだとそれに頼りきってしまうでしょうから。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: タイトルなし
ポッピーママさん、賛同のコメントありがとうございます。ふりがなはPCで簡単にふることができるようになっているので、その気になればすぐにできると思いますね。

 教室に白川さんの本を置くのはいいですね。それを読むと子どもたちはきっと漢字に関心を示すはずです。
selfyojji | URL | 2010/11/28/Sun 13:03[EDIT]
Yoji先生
それ、すごくいいと思います。習った字だけが漢字表記され、習っていない字は仮名表記されるというのも、すごくヘンだし読みづらいし。
私も、白川静先生の常用漢字のあの本を教室に置いています。すごく興味深いですね。時々、そこから引用して紹介したりしています。『道』がどうして首なのかってことを話したら、えええっ?と驚いていました。それにクラスの(5年生)Oくんが、その本にものすごく興味を持ってくれて、休み時間など、手にとってじいっと読んでいます。
ポッピーママ | URL | 2010/11/28/Sun 04:24[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.