FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「ルビ」は「ふりがな」か?
「ルビ」は「ふりがな」か?
 
 まあ、そうでしょうね。ヤフー辞典を調べてみました。

ルビ【ruby】
振り仮名用の活字。また、振り仮名。英国でルビーとよばれた5.5ポイントの欧文活字の大きさが、和文で5号活字の振り仮名として用いた7号活字とほぼ等しかったところからいう。「―を振る」[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]


 なぜ、「ルビ」は「ふりがな」なのか、と考えたかというと、
そもそも英語にふりがななんてあるのか、と思ったからです。

 漢字で読めないのがあると、ふりがなをつけます。

 英語で読めない単語があった場合に、なにでふりがなをつけるのか、です。

 例えば、「十分な」という意味の enough 。

 これが読めない場合にどうするのか。

 英語ネイティブのほとんどは発音記号を知らないそうです。とすると発音記号をふりがなにつけるわけにはいきません。

 enough には [ inuf ] のような読み方をつけるのでしょうか。英英の百科事典には、そのような発音が添えられていたように記憶しています。(ふりがなではなく)

 無理に英語のふりがなをつけられないこともないですが、それよりも読み方を教えてもらう方が楽なのでしょうね。

 だから、英語には「ふりがな」という概念そのものがないのではないでしょうか。

 ヤフー辞典の説明から読みとってみます。

 そもそも「ルビ」というのは、活字の大きさであった。「ふりがな」という意味はまったくなかった。

 「ルビ」と呼ばれる小さい活字があった。日本語の「ふりがな」にするにはいい大きさだったので、その大きさの活字をふりがなに使うようにした。

 そうするうちに、「ルビ=ふりがな」になっていった。

 ということではないでしょうか。 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.