FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

算数の文章問題は絵に描かせる。
 小学4年生のTaikiくんが次の問題をやってきました。

「本棚に、学級図書が13冊あります。はじめに4冊貸し出しました。次に3冊貸し出しました。

(1) 貸し出した本は全部で何冊ですか。
(以下略)

 それを彼は式に 13 + 4 + 3 と書き、 20冊 と答えに書いてあります。

 明らかに間違いです。

 僕は×をつけて返しました。

 しばらくしてTaiki君がまたやってきました。

「Yojiさん、これあっているんじゃないの」というのです。同じ式、同じ答えです。

「間違えているよ。もっとよく考えてごらん」と言って返しました。

 そして、しばらくしてまた「やっぱり、これであっているよ」とやってきました。

「ちゃんと読まないといけないよ」と言って、3回、ぼくの目の前で音読をさせました。

 でもやはりわからないようです。

僕は
「ノートを持っておいで」と言って、ノートを持って来させました。

 そして「では、絵に描いていてごらん」と云いました。

「本棚に、学級図書が13冊あります」と読んだところで、その絵を描かせました。

 雑ではありますが、13の四角形をえがきました。

次に「はじめに4冊貸し出しました」を読ませて、絵に描くように言いました。
 彼は4冊の本の絵を斜線で消しました。

「次に3冊貸し出しました」のところを読み、3冊に斜線を引きました。

 するともうわかったようです。
{ふ~~ん」という表情をしながら、向きを変えて帰って行きました。

 もちろん次は正解をもってきました。

 絵にかかせながら考えさせるというのはとても有効な方法ですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.