FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「落ちる」と「倒れる」の違い
 私たちは「落ちる」と「倒れる」をまったく違った概念だと感じますね。

 しかし、日本語を知らない人にとってはそうでもないようです。

 Lang-8というサイトで「木が落ちる」という日本語に出合いました。意味がよくわからなかったのですが、やりとりをするうちに「木が倒れる」ということを言いたかったようです。

 それで、「木が倒れる」がいいのでは、と書き送りました。

 すると「倒れる」と「落ちる」の違いを教えてほしい、との返事がきたので、次のように書きました。

 fallするものが地面についているかどうかでしょうね。

 ボール、皿、りんごなど、地面についていない物体がfallするとき、日本語では「落ちる」と言います。

 それに対して、木、建物、人間など、地面についているものがfallするとき、日本語では「倒れる」と言います。

「人が落ちる」という文を読んだときには、ぼくらはビルの屋上から地面に人が落ちるイメージを持ちます。「木が落ちる」もそのように感じたので、意味がわからなくなったのです。



 おもしろいですね。ぼくらには自然に身についたことが、日本語を学ぶ外国人には難しいのです。ぼくらはぼくらでまた逆に苦労しているのですね。言語って難しいものです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.