FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

となりの芝生
 M子さんが球陽高校の国際英語科推薦入学が内定しました。

推薦入学2人内定
 さて、球陽高校推薦入学は面接だけではなく、適性検査も行われます。英語、数学、国語の3科目、一般入試問題よりも少々難しい問題が出題されます。

 それに向けて過去問を解いていたころのことです。

 M子さんのお母さんから電話をいただきました。

「昨夜は M子が家に帰ってパニック状態でした。

 もう私は球陽高校落ちるんだ。ほかの生徒はよくできるのに、自分だけが問題を解くことができないと言っています。

 私(母親)がどんなに大丈夫だよ、と言っても、どうせ親ばかだから、分からないのにそんなことを言ってるのだろ、と言って聞き入れてくれないです。

 と弱り果てていました。

 実は、その日いくつか問題を解いたのですが、なかなかうまくいかなかったのです。そのせいもあってパニック状態になったのでしょう。塾では平気そうでしたが、親には甘えが出てくるのですね。

 そして入試前というのはやはり精神的にかなりのストレスになります。不安定な状態である上に難しい問題が解けなかったので、精神的に追い詰められたのでしょう。

 そして、自分はだめで、ほかの人がみんなよく見えてしまうのです。

 「隣の芝生は青く見える」というのはよくいったものです。

 僕は M子さんが塾に来たときに話し合いました。

 僕はあなたは、頑張れば合格できると思っている。僕は決して気休めは言わないことにしている。
 そして「隣の芝生は青い」ということわざがある。

 ほかの人はみんな自分よりもすぐれて見えるものなんだ。

 でも実際には隣の人も、こちらの庭を見て青いと思ってるものだよ、と。

 そういうことを話していると、少しは落ち着いてくれたのでしょうか。
 また本番に向けて学習をはじめました。

 まあ、いずれにしても内定が決まってよかったです。


隣(となり)の芝生(しばふ)は青(あお)い
《The grass is always greener on the other side of the fence の訳語》何でも他人のものはよく見えるものである。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: こんにちは
 ポッピーママさん
 コメントありがとうございます。基本的に賛成です。

 十五歳の子供たちにとってふるいにかけられるというのは、あまりにもプレッシャーが大きすぎます。
 そして、不合格になった場合の精神的なショックは、計り知れないものです。

 そういうことを考えると、高校生までは準義務教育として、入りたい人はすべて受け入れるということを考えてもいいと思います。

 ただ、一つだけ高校入試があってもいいかなと思うことがあります。

 それは、この1、2ヶ月の子どもたちの学力の伸びです。
 ものすごい勢いで伸びていきます。

 崖っぷちにに立たされると、人間というのはすごい力を出すものです。そして吸収力が高いこの時期に、集中して学習することができるとすごい伸びを示すのです。

 この伸びる力を十分に生かしながら、そして十五歳の子供たちをふるいにかけずにできる方法はないかなと思います。

 京都の蜷川元知事の
「十五の春をなかすまい」という気持ちもぼくも持ちたいと思っています。

インフルエンザ、お大事に。
Yoji | URL | 2011/02/01/Tue 11:15[EDIT]
こんにちは
Yojo先生、今日は。
インフルエンザにかかってしまって、お休みしています。
タミフルのおかげで熱は劇的に下がったのですが、まだ、ウィスル放出してるらしいから。んでもって、時間を持て余しています。
この、高校入試って、日本からなくならないのですかね。全入させて、出る時に卒業認定試験ってわけにはいかないのでしょうか。義務教育を高校にまで延長させるっていうか……。たった14、15歳の時期にこのストレスって、残りの人生の分かれ道って、酷じゃない?もう少し先延ばしにして、努力すれば卒業資格が得られるってことにしたらどうなんだろう?
アメリカ人が、日本の教育制度の方がアメリカのNo Child Left Behind政策よりはよほどマシだって言ってましたが……。内実は似たような物です。全国学力テストの結果が全国平均以下だった学校に、道教委から人が派遣されて授業の様子を見て行ったらしいです。うちの市はこの2~30年で基盤産業が次々に崩壊してきていて、経済・雇用が冷え込む一方なのです。生活保護受給率が全道ワーストワンですから。そういう家庭が多い集合住宅が集まっている地区の学校が、どうしても全国平均以下だったということらしいです。道教委から一時的に人が派遣されて来て、一体に何を見ていったのか、一体何の足しになるのか、さっぱり理解できません。もう少し、現場の足しになることを実行してもらいたいと思います。
 

ポッピーママ | URL | 2011/01/31/Mon 16:19[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.