FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

4角形は、人間の生活にとても密着
 前回は「方形」について書きました。

 また以前、生活に密着した概念ほど言葉は分化し、発達すると書きました。

生活に密着するほど、言葉は分化

 4角形というのは、人間の生活にとても密着したものだと思います。

 それで方形という言葉ができたのでしょう。

 ほかの図形では円以外にはそのようなものはありません。

 3角形は3つの角の形で説明的です。

 5角形、6角形、それ以上も、もちろんそうです。

 今塾の学習室に座っていますが、周りを見渡すとほとんどが4角形です。

 窓の形も机もカレンダーもホワイトボードも。

 だから方形という言葉ができたのでしょう。

 英語でもそうです。4角形のことをスクエアーと云います。

 3角形はトライアングルです。トライは3,アングルは角ということです。だから、トライアングルで3つの角ということでやはり説明的です。

 5角形はペンタゴンと言います。調べると、penta は5,gon は角という意味のようです。ギリシャ語から来ているようです。

  6角形、7角形も似たようなものです。
 
 つまり、英語でも4角形以外は説明的な語ということですね。

 やはり、4角形は、人間の生活に密着した概念だから方形、スクエアーという独立した単語としてできあがったのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.