FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

昨日の我に今日は勝つべし
先日、録画してあったは歴史秘話ヒストリアの「宮本武蔵」をみました。

歴史秘話ヒストリア 放送日: 2011年2月23日(水)
放送時間:午後10:00~午後10:45(45分)


"やりたいこと"で強くなる~宮本武蔵・人生必勝の教え~
その中に次のような柳生新陰流の言葉が出てきました。

一文は無文の師
他流勝つべきにあらず
昨日の我に今日は勝つべし

一つでも自分より優れたものをもつ人がいたら、その人は自分にとって師に値する、
他人に勝つのではなくて、まず昨日の自分に勝て



現代語訳は次のページからです。

http://matsuhashi.laff.jp/blog/2011/03/post-9808.html

 表現は違いますが、僕が普段から生徒に言っている言葉と同じことです。

 僕は、いろいろな本を読む中でその結論に達しました。
 江戸時代にこのようなことを言っているというのは驚きです。

 それに、剣術というのは、相手を倒すというイメージがあります。相手との競争ということが中心な感じがします。しかし、他流ではなく、自分との勝負だというのはとても面白いことです。

 教育の仕事をしていると、子どもたちの能力の差が大きいことを痛感します。

 だから子どもによっては、他人には負けることが多くなります。

 しかし、過去の自分との競争なら十分に勝つことができます。これまでできなかった掛け算ができるようになった。それは現在の自分が過去の自分に勝ったということです。当たり前といえば当たり前ですが、それを意識させるということが大切です。自分は伸びているということを意識させるのです。

 そして、それを私たち大人が認めてあげるということです。

 他流試合ではなく、自分との競争だということに焦点を当てた教育をするのです。そうすることで、どの子も伸ばすことができます。


 セルフ塾のブログの教育論についてまとめた第1弾です。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.