FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学四年生に 3桁区切りを教える
 教科書が新しくなるのでセルフ塾で作っている教材も作り替えています。
 また、ある出版社から小学生の3算数出版の話も出ています。

 出版社から
 「学習指導要領によると、小学四年生で3桁区切りを教えることになっている。それで僕の本にも入れてほしい」と連絡がありました。

 それで1ページを挿入しました。

 いろいろ考えて、なぜ3桁区切りというのがあるのかも教えた方がいいだろうと思いました。理由を教えるのですね。

 3桁区切りというのは英語で 3ケタずつ区切るからです。

 thousandが1,000、million(ミリオン)が100万、10億が billion(ビリオン)、1兆が trillion(トリリオン)です。

million、billion は日本語の・・・

 それで、簡単に英語を教えることにし、次の部分を挿入しました。

 なぜこのように3けた区切りにするのでしょう。それは、英語では3けた区切りの読み方をするからです。英語では4けための数をサウザンド、7けためはミリオン、10けためをビリオンと言います。

【問2】 次の数を英語の読み方で書いてみましょう。
(例)1,309,700,300(1ビリオン309ミリオン700サウザンド300)

(1) 6,679,162,200

( )

(2) 9,500,482,320

( )

現在4年生の子どもと、現在小学3年生ですがもうすでに3年の範囲を終わって4年の学習をしている子がいます。

 その子たちにさせてみました。そこの部分は特に問題なくできました。

 よくできたなと、自己満足しているところです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.