FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

僕にはため口、先輩には敬語
 塾の生徒たちは、塾に入る時に「ただいま」と言ってやってきます。
 彼らにとって、塾は自分の家のようなものです。

 そして僕らは家族の一員のようなもので、僕をお父さんと思っているのでしょう。
じっさいに、ぼくに「お父さん」と言いかけて、「まちがえた」と恥ずかしそうにすることもあります。

 だから、当たり前のように
「Yojiさん、あのね。今日学校でね、・・・」というような話し方です。

 丁寧語、敬語を使うということがないのです。

 セルフ塾は中学生の場合、1年から3年までみんな一緒の学習室で学びます。

 1年生が僕と話してるときに3年生がやってきます。
 すると、その1年生は
「先輩は・・・・ですか」のように、丁寧語を使い始めるのです。

 僕に対しては丁寧語を使わないくせに、少ししか年齢のか離れていない3年生に丁寧語を使うとは。

「こら!僕には丁寧な言葉を使わないくせに」と、冗談交じりに、叱ったりします。

 それだけ、ぼくらの方を親しく思っているということでしょう。

 部活では先輩に丁寧語を使うのが当たり前のようです。だから塾に来ても先輩には丁寧語を使うのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.