FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Honorifics (敬称)
When you call someone's name in Japanese, you can apply "さん(san)" behind the name .
"さん" can be applied to a family name and a first name.
Moreover, it can be applied to both males and females.
For example, "田中さん( Tanaka san )", and "一朗さん( Ichiro san). ", etc.
If you apply "さん", he/she feels you respect him/her a little.
When you call a boy or a person of lower rank, you can apply "君(kun)".
For example, "田中君( Tanaka kun )", and "一朗君( Ichiro kun). ", etc.
"様(sama)" is used when you respect more.
It is often used for the direction of a letter.
For example, "田中一朗様( Tanaka Ichiro sama )".
"殿(dono)" is still used for a direction of a letter though it is a little old expression.
"先生(sensei, teacher)" and "課長(kacho, chief)", etc. are applied according to the role and the occupation.



日本語では、あなたが名前を呼ぶときに、名前の後ろに「さん」をつけます。
「さん」は、姓、名、どちらにつけることもできます。
また、それは男性、女性、どちらにも使えます。
例えば、「田中さん」、「一朗さん」などです。
「さん」をつけると、少し敬う感じになります。
男の子を呼ぶときや、目下の人を呼ぶときには、「くん」をつけることがあります。
「太郎くん」「田中くん」などです。
「様」は、「さん」より、改まった言い方になります。
手紙の宛名にそれはよく使われます。
「田中太郎様」例えば。
「殿」は、少し古い表現ですが、手紙の宛名にはまだ使われます。
役目や職業などによっては、「先生」「課長」などをつけます。

編 集 2011年2月25日 02:25
Honorifics (敬称)
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.