FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

外罰的なタイプと内罰的なタイプ
人間には二つのタイプがあります。

外罰的なタイプと内罰的なタイプです。

外罰的なタイプの人間というのは、何でも他人のせいにするという人です。
何か悪いことが起こると、自分のせいではなく他人のせいにするのです。

 内罰的なタイプの人間というのは、何でも自分のせいにするのです。
 郵便ポストが赤いのも私が悪いのよというものですね。

 内罰的な傾向が強いとうつ病になってしまいます。

 誰でもをある程度はどちらかの傾向を持っています。
 でもそれが極端になると、周りの人はとても面倒です。

 さて、中学一年生にその外罰的な子がいます。
 小学生のころからいるので、もうすっかりセルフ塾には慣れています。だからリラックスもいいところです。

 素直に僕の言うことをきかないので、僕も邪険に扱うことになります。
「もっと自分で考えなさい」「説明をよく読みなさい」などなど。

 すると彼女(Aさん)は言いました。

「なぜYojiさんはK子にはあんなに優しいのに、私には厳しいの?」と。

 K子さんに優しくするのは、彼女が素直に僕の云う事を聞いて学習をするからです。

 Aさんに対して邪険な態度に出るのは、彼女が素直に僕の言うことをきかないからです。

 それが彼女には理解できないようです。
 自分が原因でぼくの態度がそうなったというのではなく、ぼくに責任をかぶせるということです。

 外罰的な傾向が強いのです。そうなったらも、正直お手上げです。そういう子はなかなか他人の意見を受け容れません。

 でも、そういう時こそ僕がもっと冷静になって、彼女の態度を説明してあげなければいけないのでしょうね。分かってくれるかどうか疑問ですが。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.