FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

連除法で約分を行う
 きのう、中3のNくんが数学を習いに来ました。

 有限小数を分数に直す問題です。

 例を見ながら、0.375=375/1000 というところまではできています。

 そして、約分をやろうと頑張っています。でになかなか正解になりません。

 1年前に中学2年生でセルフ塾にやってきたNくん。

 1年前は約分の意味さえわからず、ゼロから教えました。そのことを考えるととても進歩しています。

 でも今度の約分は何回も割っていかなければいけないので、ミスが出てしまうようです。

 分子は5で割ったが分母を割るのを忘れたり、とやっていたのでしょう。

 こういうことはよくあることです。

 連除法で約分をやる方法を教えました。

 次のように割る数字も書き、二つの数をなにで割るのかもはっきりさせながら書くのです。

 375と1000を共通な約数で割っていきます。
5)375, 1000
5)75, 200
5)15, 40
   3, 8

すると、3と8が残ります。

 だから
 0.375=375/1000=3/8

 ということになります。

「これはわかりやすいね」と感心していました。

 この方法だち、一方だけを割り忘れるということがなくなります。何で割っていくかもはっきりします。だから分かりやすいのですね。

 そこにS君がやってきました。似たような質問です。

 N君は、
「さっき教えた方法で教えてあげたらいいよ」とぼくにいっていました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.