FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

連載、スクラップブックに貼って解いています
自学自習できる教材というのは、こういうものなのですね。にAkemiさんからコメントをいただきました。

コメント,メールのブログ掲載について


こんにちは。反響嬉しいですね。

先生の連載、スクラップブックに貼って解いていっています。

四年に加え、五月から小五も加わり、ありがたい限りです。
私が指導している子ども(小五)で、小数を基礎から教えているところなので、ちょうどタイムリーでした。
五月の三日分は、一気に講義を聴講しながら解きました。
先生のお言葉「自分で手を動かして解くのが大事」「間違いをきちんと直していくのが大切」「10集まると次の位にうつるのを理解するのが大切」などが、心に残ります。こうやって、声をかけていくのですね。

これくらいスモールステップでやれば、子どもも理解できるのか、と目からウロコでした。また、タイルというのがとても解りやすいです。
(お金ですと小数以下がわかりにくいですし。液体も表しにくい印象です。)
私が使っている教材も「自学自習」をモットーとしているはずなのですが、ここまでわかりやすくはありません。

こんな工夫をして、子どもが「わかった!」となれば、指導する側も本望でしょう。

最近では、学習指導要領の改訂で、分数は二年から、小数も三年から導入されています。
分数と小数、どちらを先に教えたら(復習したら)いいか迷いましたが。
先生の連載、本当にためになります。ありがとうございます。
投稿された方のお子さんのように、どの子も、自分で取り組んで、できる喜びを味わってほしいですね。


 読者からの反響はうれしいです。
 Akemiさんからのコメントも、とてもうれしいです。ありがとうございます。

 スクラップブックに貼って解いて下さっているとのこと。
 これまで塾の生徒の指導に取り組みながら、いろいろ工夫をして、教材を作成してきたことが報われるような気がします。

 タイルはとてもすばらしいです。
 水道方式の遠山啓先生が考え出したものです。
 十進法はとてもよく理解できます。
 そして、足し算、引き算、掛け算、割り算、小数、分数、また中学で習う文字式(小学生でも入りましたね)、式の展開、因数分解、などなど。
 理解しながら算数を学んでいくという姿勢がとてもよく生かされています。
 そのよさがだんだん認められ、以前よりも教科書でも取り入れられてきているようです。

 工夫して説明したことを、生徒がわかったという表情で聴いてくれると、本当にうれしいです。教育者冥利に尽きるというのでしょうね。

 僕の連載が、微力ながらも子供たちの算数理解に役立ってくれれば、うれしく思います。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: ありがとうございます
こちらこそ、コメントをくださって、とてもありがたく思っています。

 子どもからの便りはまた格別です。がんばらなければという気になりますね。

selfyojji | URL | 2011/05/07/Sat 10:56[EDIT]
ありがとうございます
わざわざ日記にしてくださり、ありがとうございます。
今日は新聞休刊日なので、プログラム学習の記事が見られず残念です。
小さいお子さんからの本当の声、嬉しいですね。
きっと、多くのお子さんたちが、同じように感じてくれていると思います。
このお子さんは、幸せですね。ちゃんと小学生新聞を購読してもらえて、パソコンで音声を聞く環境もあって。
そうでないお子さんも大勢おられることでしょう。

新たにプログラム学習の問題集を出版されるとのこと。新学習指導要領に合わせて調整も必要だったことでしょう。
この連載以外の学年もあるのでしょうか、楽しみにしています。

小学校算数では、小数や分数が大切、とききました。
立体の展開図なども、そのうち学ぶようで、そのあたりもカバーしていただけたらありがたいです。
(サイコロの展開図の種類が11ある、とか、私も初めて知りました。)
折り紙を二等分、四等分、にはできても、10等分にできるのか?といったようなことでも、考え込んでいます。(角度の10等分はできそうですが。)

今後も連載楽しみにしています。応援しています。
Akemi | URL | 2011/05/06/Fri 15:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.