FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

トランプで正負の数の加減の練習
 さっぽらーさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。

 ゲームをしながら学ぶというのはとてもいい方法だと思います。

 僕の塾では課題に追われて、そのような余裕がないのですが、ゲームをやりながら練習すれば楽しく、そしてかなり定着すると思います。

バロ
正負の計算は、大事ですよね。数学のスタートですからね。
カードゲームで「valo」(バロ)というゲームがあります。昨年12月に発売したのですが、楽しく知らず知らずに正負の計算をして遊ぶことができます。なかなかおすすめですよ!HPは、http://dekanga.com です^^



 だいぶ古い本ですが、麦の芽出版社の「たのしい数学中学1年生」に、
正の数、負の数の足し算、引き算が練習できるトランプのゲームが紹介されています。

ここに紹介いたします。ルールはとても単純で、すぐに理解できます。

トランプで選ぶ

今日は、正負の数の加減の練習に、トランプて遊んてみましょぅ。

(1)トランプのカートの正負は約束して決めます。赤のカード(ハートとダイヤ)を正、黒のカート(スペードとクラブ)を負と約束しておきましょう。

(2)人数が4~5人のときはAから5まての合計20枚ぐらいを使います。

(3)カートをよく切って配り、ババぬきの要領て自分の隣から1枚とり、次の人に自分のカードを1枚とらせることを順送りしていきます。

(4)自分の手もちのカードを計算しながら、隣の人にカートをぬきとられたとき自分が最高点だと思ったらストップをかけることがてきます。

(5)ストップて、みんなで持ち札を見せ合い、カードの点数を計算します。

(6)ストップをかけたものが最高点てなければ、最低点の人と点数をとりかえます。また、最高点が2人または最低点か2人おればやりなおします。
(注意) みんなの点数の合計は、各カードの枚数か同してあれは0になります。計算らがいはすぐわかります。

(7)それぞれの得点を記録しておき、勝ち負けの順序により楽しい罰則をつくっておきます。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.