FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

一年間での成長
 中学3年生のN君が習いに来ました。
 数学のまちがい直しにやってきたのです。平方根を学んでいます。

 僕は、彼が書いてある答えを見てすぐに言いました。

「これは約分をしてないから、×になったんだよ。約分しなさい。」

「ああそうか。(分子も分母も)どちらも3で割れるから、1/3だね。」

 どこの塾にでもありそうな当たり前の光景ですね。

 それが1年前は当たり前ではなかったのです。

 N君は1年前、中学2年生の4月にセルフ塾に入りました。

「約分しなさい」と言うと
「約分って何? どうやってするの?」と返ってきました。

 だから約分とは何なのか、タイル図を描いて説明し、どうすればいいのか説明しました。

 それがすぐには定着せず、何度も繰り返してやりました。

 もちろん通分もわかりません。

 中学2年では連立方程式を学びますが、移項、両辺を同じ数で割るといった、1年で学ぶ一元一次方程式の基礎の基礎さえわかっていません。

 そのような基礎を復習することから始めながら学習を進めてきました。

 今でもつまずくことはよくあるのですが、「約分しなさい」という僕が言うだけで、それをやるというだけでもすごい進歩だなと感じています。

「1年前は約分ができなかったよね」とNくんに言うと
「そうだったからなあ」と笑顔で答えていました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.