FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学生のころから塾にいるからよかったんだよ
 僕がN秀君やS平君に
「この1年間でずいぶん成長したね」とほめてるの聞いて、S龍君が少しすねて言いました。

一年間での成長

「僕のことはちっとも褒めてくれないね。」

 それで僕は言いました。

 「あなたは小学生のころからセルフ塾にいるから約分や通分は当たり前にできるんだよ。小学校のころから塾に来ていてよかったと思っているよ」と言いました。

 彼もそれには納得したようです。

 S龍君は小学2年生の時からセルフ塾にいます。

 正直なところ理解力がいい方ではありませんでした。また学習する姿勢もできていませんでした。そのせいでいつもしかられていたように思います。

 課題もなかなか進みません。

 でもそのうちにだんだん学習することにも慣れてきました。学習する姿勢もよくなり、理解力もついてきました。

 5年生のころからは毎日の課題を終えることができるようになりました。そして計算力もしっかりついてきました。もちろん約分や通分も上手にできます。

 そのままの中学生になってもセルフ塾を続けてきたので、特に問題なく学習が進んできたのです。基礎力の落ちこぼしがありません。

 だからN秀君やS平君のように、小学生で学ぶ約分や通分の復習などをする必要もありません。

 当たり前のように学習が進んでいるので、この1年ですごく伸びたという感じはしないかもしれません。

 でも小学生の復習をしない分、前に着実に進むことができるのです。

 入塾当時の彼の姿を思い出すと、彼が中学になってから入塾していると、N秀君やS平君のように小学の復習からやらざるをえなかったと思います。

 大げさにではなく、また彼をなぐさめるという意味ではなく、本当に彼は小学生の時から塾での学習を続けて来てよかったと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.