FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

教科書にでてくるお話



 セルフ塾では読書を取り入れています。
3色ボールペン,読書指導

 小学生も読書をさせます。漢字、算数、国語、言葉の意味調べを終ると最後に読書です。

 基本的に1日15ページ読みます。

 そして3色ボールペン方式で、大切なところに青、とても大切なところに赤、面白いところに緑の線を入れていきます。

 さて、いろいろな本を取り入れていますが、最近は「教科書にでてくるお話」から始めるようにしています。

 ポプラ社から子ども向けの本(ポプラポケット文庫)として出ており、よくまとまっています。

 教科書に出てくるだけに、話もしっかりしていて、その学年のレベルによく合っています。
 一つ一つが短くて、そしていろいろな話しがあるので面白いです。

 学年が上がる4月か、上がる直前の2,3月にこれを与えて親子で一緒に読むというのもいいと思います。お薦めです。


 実は欠点があります。何年生向けか、書かれていることです。

 例えば「教科書にでてくる話4年生」というふうに。

 なぜそれが欠点かというと、中学生に読ますわけにはいかないということです。

 読書の力は個人差がとても大きいです。小学生でも高校入試程度の文を読み取る子がいる一方で、中学3年生でも小学校4年程度の読書力の子がいるのです。

 そういう子には、この「教科書に出てくる4年生」を読ませたいのですが、さすがに「4年生」と書かれているのを中学3年生に読ませたらプライドを傷つけてしまうでしょう。

 彼らのプライドを傷つけるわけにはいきません。残念だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.