FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Tの字を描いて平行線を引く
 小学4年生では平行線の引き方を学びます。

 三角定規を二つ用いて、一方を固定し、もう一つをすべらせるように移動して平行線を引くやり方です。

 簡単にやり方を習得する人生徒がいる一方で.かなり苦労する生徒が少なくありません。

 また、これは頻繁に使うものではないので、しばらくやらないうちに忘れてしまっていて、中学生になってやろうとして全くできない生徒もいます。

 何とか楽に習得できる方法はないかと模索しています。

 きょうは、S君に次の方法でさせてみました。

 平行線を引くときには、まず一本の線分と1点が与えられています。

 まず、その線分に垂直の線分を添え、Tの字をフリーハンドで描かせます。そして、その付け根のところに垂直のマークを入れます。

heikosen.jpg

 図の赤い色の線で描いたのがフリーハンドで描く線です。

 それをえがかせてから、こことここに定規を置いてごらんとさせました。

 最初は、手とり足とり指導しました。そして徐々に手を引いて自分でするようにさせました。

 結構理解しやすいようです。いくつかさせたのですが、3回目からは自分でできるようになりました。

 SEくんも「学校で習ったのだけど、よくわからなかった。これでよくわかるようになった」と言っています。かなり有効な方法だと手ごたえを感じています。

 ただ現在のところSくん一人だけにさせただけなので、まだ一般的にも理解しやすいのかわかりません。ほかの子にも試してみることにします。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.