FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

助詞の「は」と「が」の違い(2)
 先日、助詞の「が」と「は」について、インド人の Lang-8友達に説明したのですが、理解できないとのことでした。

助詞の「は」と「が」の違い
 それで、別の説明を考えてみました。具体的な方がいいと思い、具体例で説明します。

 まず、あなたは彼が誰なのか知りたいと思っています。
そして、彼はトムかもしれないと思っています。

その場合には
「彼はトムですか」と、助詞「は」を使って尋ねます。

そして、尋ねられた人は
「はい、彼はトムです」または
「いいえ、彼はトムではありません」と、助詞「は」を使って答えます。

この場合には「彼は」というところに焦点が集まっています。

次は、あなたはトムはどの人なのだろうかを知りたいと思っています。
そして、彼がトムかもしれないと思っています。

その場合には
「彼がトムですか?」と助詞「が」を使って尋ねますね。

そして尋ねられた人は、
「はい、彼がトムです」と答えます。

この場合には、トムに焦点が集まっています。

ただ、「いいえ」の場合は、「いいえ、彼はトムではありません」と助詞の「は」を使います。

 彼は違うよ、ということで、「彼」に焦点が集まるからです。

 物や動物の場合でも同じです。

 あなたは目の前にある、この果物が何なのか知りたいと思っています。そして、それがリンゴかもしれないと推測します。

すると
「この果物はリンゴですか」と、助詞「は」を使って尋ねます。

答える人は
「はい、この果物はリンゴです」
または「いいえ、この果物はリンゴではありません」と答えます。

この場合には「この果物」が焦点になっています。

 一方、あなたはリンゴってどんな果物なのかを知りたいと思っています。そして目の前にあるこの果物がリンゴかもしれないと推測します。

すると、
「この果物がリンゴですか?」と助詞「が」を使ってたずねます。

 この場合には「リンゴ」に焦点が集まっているからです。

 尋ねられた人は
「はい、この果物がリンゴです」と答えます。

 ただ、いいえの場合には。
「いいえ、この果物はリンゴではありません」と答えなければいけません。

「いいえ」の場合には、「この果物はちがうよ」と「この果物」に焦点が集まるからです。

 前に書いたエントリーのまとめです。

助詞の「は」は、
 あなたは○○について知っていますね。その○○について、これから話ますよ、
 というような場合に使われ、

 助詞の「が」は、
 頭の中では、「○○」以外についての記述がまずあり、それに対応するものとして「○○」があるときに使います。



さあ、今度は理解してくれるかな。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.