FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

こーすけさんの質問
こーすけさんの質問は4つでした。昨日2つは回答したので,きょう残り2つ回答します。

 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  

3.生徒のでき具合によって、もしできなければ、カットしてもいいのでしょうか?
例えば、置き換えによる展開・因数分解は教科書発展内容になりますが、やはり必要でしょうか。
次の改訂の学習指導要領では、復活する内容ではありますので、平均点が取れる生徒にはやらせようと思います。

(回答)
 もちろん構いません。
 ぼくの塾では,学力によって毎日の課題を減らしています。ご存じのように能力の個人差はとても大きいです。同じ課題をこなすことはできません。

 できる子と同じ量の課題をさせても,時間内にはどうしてもできないのでやる気がなくなります。それより,課題量を減らして,これだけならできるということで前向きに学習に取り組んだ方がいいようです。

 課題の量を減らすと,もちろんできないページも出てきます。ぼくの本はけっこうな量あるので,それだけを終わらせるのはけっこう大変です。

 それで,基本的な学習が終わったら発展,応用の問題は飛ばして次の単元の基本的な問題に入るようにしています。

 だからこの本は柔軟に使っていいと思います。

 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  

4.上に関連して、今後の「わかる数学」の改訂はお考えでしょうか?
私も将来的には、Yojiさんのように、自学自習のテキストを作りたいと考えています。
もしテキストの改訂がありましたら、私もお手伝い、いや、修業させていただけたら、と夢見ています。

 (回答)
 もちろんできれば改訂をしたいと思っています。もうすでに直したいところはひとつや二つではありません。

 上の質問との関連で言えば,ページごとに「基本」「発展」「応用」のようなことを書いていれば,使う方が「基本」だけをやろう,というようになると思います。

 ただ,出版したら在庫の本はさばかなければなりません。また,出版社が再販してくれるかどうか。いずれにしてもいま印刷した分は売れてからになるでしょうね。そういう意味でもできるだけ早く売れて欲しいです。

 そのさいは,みなさんの意見もできるだけお聞きしたいと思っています。

 こーすけさんもよろしく。現場の意見がなにより欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.