FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

夏至後、日の出時刻は遅くなっているが、日の入り時刻は変わらない
 先日の日曜日 7月10日、Shueiさんから電話がありました。
「バナナができた。あなたにも分けてあげるからおいで」とのこと。

 行くことにしました。でも、ビールの好きなShueiさんです。手ぶらでいくわけにもいきません。夕方に近くのスーパーでビールとつまみを買って行きました。

 そこでのことです。Yoshihiro君が言いました。
「夏至を過ぎてから、日の出の時間はどんどん遅くなっている。しかし、日の入りの時間はほとんど変わらないんだ。」

 農業をやっている彼です。お日さまと一緒に生活をしているのです。

 僕のように人口の時計の針で動いているわけではありません。

 でも、僕の頭では、そんなことはないだろという考えがめぐりました。

 僕は中学生に理科も教えています。だから季節がどのように変わるのか原理はよく知っているつもりです。

 それからすると、日の出は遅くなっているが、日の入りが変わらないというのは納得がいきません。

 その場では、「そうか」とだけ言って帰ってきました。

 そして、先ほどこの話を思い出し、インターネットで、日の出・日の入りの時刻を見てみました。

都道府県庁所在地等の日の出・日の入り、月の出・月の入り、および南中時

 次にYoshihiroくんに会ったときに、ほらちゃんと日の入り時刻も変わっているじゃないか、というつもりで。

 しかし、そのデータを見てびっくりです。彼の言った通りです。

 今年那覇の
 夏至の6月22日の日の出は5時38分、日の入りは19時25分。
 そして、7月10日の日の出は5時44分、日の入りは19時25分です。

 日の入りの時刻は全く同じなのです。そして日の出時刻は 6分遅くなっています。

 日の入り時刻を見ると、夏至の6月22日に19時25分なのが、6月27日~7月8日には、19時26分と遅くさえなっているのです。

 驚きです。次に彼に会ったときには、あなたの言った通りだったよ、と謝らなければいけませんね。

 僕は理想化された状況をイメージし過ぎていたのかもしれません。現実というのはいろいろな要素が絡み合っているのでしょう。

 でも、そのような現実を肌で感じている彼に、脱帽です。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.