FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

言葉すごろく
前に簡単に紹介した「言葉すごろく」です。
学習障害の息子の質問コメント。どの子も伸びる、しかし、伸びる速さは違う

 まずは、次のページで、PDFファイルの「24言葉すごろく」を開き、印刷して下さい。
PDFファイル

 少し厚い紙に貼った方がしっかりするかと思います。

 そのほかに、二人分の駒を用意して下さい。ペットボトルのふたに、何かシールを貼ってもいいですね。小さいかわいい石があればすばらしいです。おはじきでもいいです。

 二人で遊びます。

 二人でジャンルを決めます。
「動物の名前にしよう」「果物の名前にしよう」「お花の名前にしよう」など.

 ここでは「動物の名前」にしましょう。

 次に、先攻、後攻を決めます。だれが先に始めるかを決めるのです。じゃんけんで決めてもいいです。子どもが先ということでもかまいません。

 動物の名前を思い出して言うのです。

「サル」といったら2つコマを進めます。「サル」の音の数が2つだからです。

 「チンパンジー」なら5つコマを進めます。「チンパンジー」は5つの音でできているからです。伸ばす音は一つと数えます。「ぞう」は2音です。

 「ピューマ」は3音とします。「ピュ」で1音、「ー」で1音、「マ」で1音です。
「ャ・ュ・ョ・ッ」のように小さな文字は、前の音とあわせてひとつとするのです。

 動物の名前を言って、交互に駒を進めます。先にゴールした方が勝ちです。

 ゴールに入る時は、きちんと終わるようにします。

 例えば、あとを1つでゴールだとします。「トラ」といったら、1音オーバーです。
 そのときには、1音後戻りです。

 最初は難しいですから、オーバーしてもOKとしてもいいですね。

 その辺は柔軟に考えて下さい。

 楽しく親子で遊びながら、言葉の勉強になると思います。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.