FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中国に行こう
 中国に旅行に行こう、という話が出ています。

 民商の仲間たちです。それも僕の所属している沖縄民商に限らず、那覇民商、北那覇民商の人たちもいます。

 その話しが出たのは、僕が作った山陰旅行のアルバムをがきっかけとのことです。

山陰の旅のアルバム
 おととしの2009年12月、民商の気のあう仲間と、山陰旅行をしました。

 アルバムは、写真をちりばめ、ボイスレコーダーでとった記録メモ、資料などを加えました。

 僕もなかなかいいのが出来たと思っています。

 それをコンビニでカラーコピーし、アルバムの冊子にして、一緒に行った人たちに、コピー代だけの値段で買ってもらったのです。

 そのアルバムはとても好評で、買った人たちがまわりの多くの人に見てもらったようです。

 それを見た人たちが、楽しそうだからということで、次の旅行には加えて欲しいと集まり、計画を始めました。

 そして、旅行積み立て模合を始めました。

 模合というのは、沖縄で盛んなのですが、定期的に集まって、お金を出し合う頼母子講です。

「模合」(もあい)
 ただ、僕はその模合に参加していません。

 僕は前の山陰旅行のときに、もあいの会計でもあり、旅行中の会計もしていました。

 僕は他人のお金を扱うのが好きではありません。ルーズでもあります。それで、また僕に会計をさせられるかも知れないと思って、参加を断ったのです。

 でも、もし行くなら僕も参加するし、アルバムも作っていいよ、ということは伝えてありました。

 そして旅行積立金がそれなりにたまったようです。

 さる7月30日(日)に旅行に行く具体的な話し合いをするので参加してほしいとの連絡があり、僕も参加しました。

 楽しく飲んだり食べたりしながらおしゃべりをしました。

 その中で、円高だから思い切って海外に行こうよ、という提案がK川さんから出ました。そして、いいろいろ意見が出た後で中国に行こうということになりました。

 それがまとまった段階で、座長のB瀬さんが、
「あとは仲松さんにお任せていいでしょうか」と言ったのです。

 どうも、僕が参加しないうちに僕は旅行のスペシャリストで、数多くの旅行をして、旅行の企画も上手だということになっているようです。

 日程の方は僕にあわすとのこと。
 僕は塾をやっているのでなかなか休みが取れない、中学生のテスト勉強代休くらいしか休めないということを伝えました。

 そういうことであっても、是非僕に参加してもらいたいとのことです。

 このように期待されていたら引き受けざるをえません。

 その場でもアルバムの話しが出ました。

 N地さんは、「あのアルバムはとてもよかった。妻に見せると、是非旅行に行きなさい、冥土の土産にできるよ」などと言われたそうです。

 かなりのプレッシャーではあります。山陰旅行では、勝手に作ったので自分の好きなように作りました。
 今度は、さらにいいのを作らなければいけません。

 このように話の流れで、あとは僕が中心になって中国旅行をまとめなければいけなくなっています。期待に応えて頑張らなければいけないだろうなあ。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.