FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

円周も田の字表で
 朝日小学生新聞への連載のために、小学5年生の算数を見直しています。

 円の学習で、円周を求める公式があります。

 これは、今考えると「田の字表」で解くことができます。
それで「田の字表」で解く方法に書き換えました。

「田の字」って何?

 円周を「田の字表」でやるには、「田の字表」に次のように当てはめるのです。 

直径円周
3.14



 例えば、
「直径3cmの円の円周はいくらですか」という問題では、
次のような「田の字表」になります。 

3cmxcm
3.14


 小学生では「田の字表」は方程式は使いません。

 右上の全体量がわからない時には、左上の単位当たり量と右下のいくつ分をかけると教えています。十分に練習しています。

 だから 上の「田の字表」は、
3× 3.14 で円周を求めることができます。

「周囲の長さが 6.28mの木があります。それの直径はいくらでしょう」という時には、次のような「田の字表」になります。

xm6.28m
3.14


 単位当たり量(左上)がわからない時には、右上の全体量を、右下のいくつ分で割ると教えてあります。

 だから、6.28 ÷ 3.14 = 2 それで 2m というのがすぐに出てきます。

 「田の字表」の解き方については前に学んでいるので、表の整理の仕方さえ教えれば、このようにする円周の問題もたやすくできます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.