FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

沖縄県県立高校入試問題過去問題一長一短ある
 高校入試夏期特別学習も今週で終了です。

 特別学習では「沖縄県県立高校入試問題(過去問題)」を解かせています。

 沖縄県県立高校入試問題は、数種類出版されていて、僕らはそのうちの3種類を買っています。

 なぜならそれぞれに特色があり、一長一短だからです。

 まず生徒たちには、富士教育出版から出ている沖縄県県立高校入試問題を与えます。


 なぜなら、ずばり安いからです。

 富士教育出版のものは定価(本体\750 +税)です。

 それにたいして、東京学参のものは価格\1,365(税込み)、誠伸社のものは税込みで\2,300です。

 富士教育のものがだんぜん安いのです。

 だから生徒たちには富士教育出版のものを与えているのです。

 しかし、富士教育のものだけでは不十分です。富士教育出版の最大の欠点はリスニング用のCDが付いていないことです。

 沖縄県の場合には、国語と英語で聞き取り問題が必ず出題されます。

 だから実際にCDを流して練習する必要があります。そのために誠伸社の本を買わなければいけなくなります。

 誠伸社のものは、国語も英語もリスニングCDが付いているからです。
東京学参の場合には、英語のリスニングCDはついていますが、国語の聞き取り問題用CDはありません。

誠伸社沖縄県県立高校入試問題

 国語はぼくが読み上げてできないこともありませんが、やはりCDがあると便利です。

 それだけでは残念ながら終りません。ぼくらは東京学参のものも買っています。解答用紙がこちらの方が微妙にいいのです。

 解答用紙を印刷して、生徒にはそれに書き込ませています。

 その時に誠伸社のものよりも東京学参の解答用紙の方が使い勝手がいいのです。

 だからちょっとしたことですが、そのために東京学参のものも買っています。




 誠伸社の問題集には「プレ入試」の問題も付いています。

 これは過去問題とは別に予想問題集として利用することもできます。

 そういう点でも価格は高いのですが、利用価値はあります。

 塾では生徒たちには富士教育のものを与えていますが、一人の個人として過去問題をやろうと思うならば、誠伸社のものがお薦めだなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.