FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

授業中、私語が多いのはなぜ?
mixiで次のようなってメッセージをいただきました。ありがとうございます。


授業中、学校で私語が多いというのはなぜだと思いますか?

少しくらい、話してもいいやというか、自分が、主人公になりたいのかな?


 授業中に私語、おしゃべりが多いのは、先生の授業よりもおしゃべりの方が面白いからです。

 子どもたちは、勉強をすることに集中するように、親や先生から期待されていることをよく知っています。それに応えたい気持ちもあります。そして成長したいという欲求もあります。

 だから授業中はおしゃべりをすべきではなく、授業に集中すべきだと知ってはいます。

 でも、面白くないことを続けていくのは苦痛なのです。それよりも、友達とおしゃべりを楽しみたいのです。いけないこととは知りながらも、苦しいことより楽しいことをやりたいのです。

 食べ過ぎてはいけないということを知っていても、つい食べてしまうようなものです。

 ご指摘のように、目立ちたくて、主人公になりたくておしゃべりをする子もいると思います。でも授業よりもおしゃべりの方が楽しく面白いからということでおしゃべりをしている子が圧倒的に多いと僕は思っています。

 では、授業中の私語をなくすにはどうしたらよいか。

 それは、簡単です。
 わかる授業をすればいいのです。

 分かるというのは楽しいことです。分かる授業をすれば、子どもたちは授業の方がおもしろいと思い、おしゃべりはせずに授業に集中するようになります。

 だから、分かる授業を心がければいいのです。

 言葉で言うのは簡単ですね。

 では、どうすれば分かる授業ができるのか。

 それは実はとても難しいです。僕も今一つ一つ学んでいるところです。現在進行中です。

 ただ、子どもたちに分かる授業をしてあげようという心構えはとても大切だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.