FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「女の子がいないとだめだね。」・・・中学2年生は男の子だけ。テスト範囲も知らせない
中学生は中間テストのテスト勉強対策を行っています。

生徒には、
学校で発表されたテスト範囲を私どもに知らせるように言ってあります。
1年生と3年生のテスト範囲はわかりました。ちゃんと調べて私どもに教えてくれたのです。

しかし、2年生はまだです。

Kyokoが言いました。
「2年生はまだだよ。早く持ってこないと、どこを勉強していいか分からないよ」と。

それを聞いた中学3年生のS君が言いました。

「女の子がいないとだめだね。」

そうなのです。このようなのは女の子がいいのです。女の子は真面目です。ちゃんと知らせるべきことはきちんと知らせてくれます。

男の子はルーズなのですね。1年生と3年生には女生徒がいます。しかし、今年の2年生は男の子だけなのです。そして、またそれぞれがのんきな子です。

僕は、大学では男女の性格の差というのは環境によるものだと教わりました。そしてその時はそう信じていました。

しかし、保育園をやり、学習塾をやって子どもたちと接するうちに、その考えが変わりました。

男女の性格の差は生まれつきのものです。

これはどちらが優れているとかいう問題ではありません。とにかく違うのです。

こういう、テストは範囲を知らせるということにおいても確実に差が出てくるものなのです。

面白いものです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.