FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

光は見えないので、反射の法則を理解できない子がいる。ボールの反射に喩えると理解できる。
中学生は中間テストを対策を行っています。中学1
年生の今度のテスト範囲に「光」が含まれています。

 中学一年生の Rさんが習いに来ました。

 「虚像」と「実像」の違いがよくわからないとのことです。

 それで僕は説明しました。

 「実像というのは、実際に映っている像で、虚像というのは、人間の目がだまされて、そのように見えてしまう像のことだよ。

 だから、だれにでも見えるものは実像で、その人だけに見えるのが虚像だ」

「実像」と「虚像」との違い


 とても単純化して話しました。

 一応納得していました。

 そして、鏡の説明に入りました。

 僕が近くにあった本を鏡に見立てて、
「今、僕は僕の顔を見ている。横にいるあなたにはぼくの顔が見えると思う?」

 もちろん、「見えない」という答えを期待していました。
 しかし、彼女は「見えるんじゃない」と答えたのです。

 質問を変えて何度も聞き直したのですが、鏡を斜めから見ても、正面にいる人が見えると思っているようです。

 僕は実際に鏡を持ち出してきました。

 そして、自分の目の前に鏡を置き、
「いまぼくはぼくの顔が見えている。あなたには何が見えている?」
 と尋ねました。

 もちろん、少し離れた場所に坐っている彼女には僕の顔が見える筈がありません。

 「ええ、私は何が見えてるの?」と言って、自分の見えているものを探しているようです。戸惑っています。

 光の反射がよくわからないのです。

 反射の法則も学習しているのですが、ただ機械的に問題を解いていたようで、理解していないのです。

 次に、僕は、鏡を彼女が映るような位置に置きました。

 そして、「ぼくはあなたが見えるよ。あなたはぼくが見えるはずだ」と言いました。

 そして、「光というのは、ここで鏡にあたって反射してあなたの目に行っているんだよ」と教えました。

 でも、彼女にはよくわからないようです。

 彼女はハンドボールに所属していたことがあるとのこと。
 ハンドボールに喩えて話しました。

 「ボールは真下に落としたら真上に上がってくるでしょう。だけど斜めに落としたらどこに行く?」
 斜めに落としたら向こう側に跳ね返っていくというのはわかるようです。経験しているのです。

 ボールは目に見えるのでその反射の仕方は分かるのです。

 「光もこれと同じだよ。光というのは光子というのが、物体にぶつかって、それが目に入って見えるということになるんだよ。」
 ということで、暗順応などの話がしばらく続きました。プログではそれは省略します。

 このように、光は目に見えないので、反射の法則を教えてもよく理解できない子がいるのです。

 それをボールの反射(跳ね返るということ)に喩えると理解がしやすいようです。





この本は「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(物理)に関するものを集めたものです。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: 光が鏡に当たると、なぜ垂直にはねかえるのですか?
ちょこばななしゅーくりーむ。さん

 コメント、ありがとうございます。

 なかなか難しい質問でした。不十分ではありますが、次の記事で回答いたしました。

記事URL:http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-3821.html
selfyojji | URL | 2014/01/30/Thu 10:41[EDIT]
光が鏡に当たると、なぜ垂直にはねかえるのですか?
始めまして。中1女子です。

今日授業で『光の反射の法則』について
学習したのですが、
なぜ光は鏡に当たると垂直にはねかえるのでしょうか?

理科の先生に聞いたのですが、
「それが法則だから」としか答えてもらえませんでした。

確かにその通りなのですが、
その法則はなぜそうなるかが気になって仕方ないんです。

汚い文ですいません。
よろしければご解答よろしくお願いします。
ちょこばななしゅーくりーむ。 | URL | 2014/01/29/Wed 19:26[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.