FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

故意に音をずらす沖縄三線
 昨日の翁長洋子筝曲院アトリエコンサートで,おもしろいと思ったことがありました。
 野村流師範 比嘉康春さんとの共演のときです。

 沖縄の三線では,微妙に違う音を出すらしいのです。

 以下,ぼくの解釈を含めながら書きます。ぼくの解釈が正しいかどうか,後で翁長洋子さんに読んでもらいたいと思います。

 ドとレの音の違いは1音です。ミとファの音は半音。要するに0.5音ずつずれているのです。
 さて,三線には,0.1音,0.2音のずれを故意に出すことがあるらしいのです。
 例えば,ド,ミ,ソと弾くところをド,ミ,ソの,ソがふつうのソより0.1か0.1音高いところを弾く。
 三線にはフレームがありません。だから指を少しずらすとソの0.1音高い音を出すことができます。逆に言えば,耳がよくなければソの音を出しているつもりが0.1音高い音になってしまう。怖い楽器です。
 比嘉康春さんは,こういう感じと,指をスゥーとずらして音を出していました。

 モーツアルトの交響曲に「不協和音」というのがあります。ふつうの和音では物足りないモーツアルトが故意にふつうでは耳障りな音を加えた。それがまた斬新な音となったようです。そこが天才なのでしょうね。
 それを沖縄の三線はやっているのだろうな,とぼくは感心しました。
 洋子さんは絶対音階のある人には,沖縄の三線の音は耳障りでいやそうだ,と言っていました。

 ここまでもおもしろいと思いましたが,話は続きます。

 洋子さんが古謝美佐子さん,屋良文雄さんとセッションをした。そのとき急に古謝美佐子さんが歌を歌い出したそうです。天からふってくるようにメロディーがわいて来たのだろうと洋子さんは言っていました。それもまた天才技です。

 ただ,それがレイテン何音かのずれがあったらしいのです。洋子さんは琴ですから箏柱(ことじ)をずらして対応したそうです。しかし,ピアノの屋良さんはどうしようもなくて最後まで鍵盤をたたくことはできなかった。ピアノも弦楽器だが簡単にずらすことはできないですからね。

 さて,洋子さんに質問。三線ではあるひとつの音を故意にずらすのですね。
 古謝美佐子さんの場合にはキー音が最初からずれていて,全体的にずれた音になっていたということですか?
 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.