FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中国は、日本から笑顔を輸入した方がいい。
中国人には笑顔が足りません。

飛行機のスチュワーデス(客室乗務員)はとても綺麗な人でしたが、無表情な顔で仕事をします。

この人がニコッと笑ったらいい感じだろうなと思ったものです。

旅行の途中でショッピングによりました。

そこで割引券を配っている人がいます。その人も全く笑顔を見せないのです。ちょっとニコッとするだけでいい感じがするのですが。

日本の客室乗務員はとても笑顔がすてきです。
どんな時でも笑顔を見せながら仕事をしています。たぶん仕事だからということで、無理に笑顔を見せているのでしょう。

僕はそれでいいと思います。笑顔を見た人は気持ちが明るくなります。

マクドナルドやケンタッキーフライドチキンで働いている若い女性が、無理に笑顔を見せて働いているという感じを受けることがあります。

それもまた「よし」です。

そうしながら自然な笑顔をつくることができると思のです。

とにかく笑顔はいいです。

だから、中国でも日本から笑顔を輸入してちょっと無理をしながらでもスマイルしながら仕事をしてみてはどうだろうかと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: スマイル
コメントありがとうございます。

「やまうちしん君」覚えていますよ。

 妻のKyokoに話すと、とてもよく覚えているといっています。そして、内容に同感とのことです。

 僕もそうですが、妻の語った例がいいので、ここに書きます。

 エレベーターで西洋人と一緒になったとき、彼らは本当にいい笑顔で接してくれます。

 それに比べると、日本人はエレベーターの中で本当に無愛想です。
 私のテリトリー(縄張り)に入るな、という表情がありありと読み取れます。

 そういうことを考えると、私ども日本人が笑顔を輸入しなければならないと思います。

 最近は、見知らぬ人とは決して話をしないように、という教育がなされているようです。他人はすべて敵なのです。

 最近の事件を見ていると、仕方ないかなとも思いますが、これではいけないのでは、という気持ちが強いです。

 特に、僕は長髪で無精ひげなので、不審者に思われるようです。
 住みにくい日本になったものです。
selfyojji | URL | 2011/10/27/Thu 11:57[EDIT]
スマイル
笑顔について興味深いブログです。

そして、私も3歳~4歳時に貴殿にお世話になったことがあり、且つ、笑顔については思うところがあるので、コメントさせていただきます。

私は沖縄、中国、ヨーロッパ、で生活しておりました。現在生活の拠点は東京です。
その事を踏まえてコメントさせて頂きます。


日本の営業スマイルについてですが、基本的に私も貴殿と同じように見た人の心が明るくなると考えております。
私も営業の仕事をしていてこの営業スマイルを連発しており、私にとって理不尽な事でも、物事を前に進めたり、営業的に笑顔を振りまいていたほうがいいという場面では迷わず、営業スマイルを連発しております。


この場合、目的が明確(商談を前に進めたり、営業的にこちら側に有利に働くように商談をまとめる事)なので同じく “それもまた「よし」としております”


ただ、こういった場面で笑顔を振りまく側にとって、何か違和感を覚えてしまうのもあり、そういった営業スマイルがフラストレーションになる事もあります。

笑顔でいれば自然を自分の心も明るくなる。とよく聞きますが、私の場合どうやら少し違うようです。


ヨーロッパに住んでいたときに一番感動したのがそこで生活する人々のスマイルです。

横断歩道ですれ違う人たち、もちろんファーストフードの店員、私のように外国から来た人たちでさえも、歯を見せて“にっ”とスマイルしてくれて、朝の横断歩道であればスマイルで“good morning!”と挨拶が自然と出てきます。

知っている人だから、得意先だから、仕入先だからとかではなく彼らのスマイルは”スマイル”そのもので何の意味も付随しないのです。

その後、東京で就職し東京で生活を始めるのですが、日本の街中にスマイルが足りないと思いました。

帰国間もないころ、東京で横断歩道の向こう側から歩いてくる女子高生に私は“にっ”と歯を見せてスマイルしました。その時の女子高生の私への冷たい目線は今でも忘れません。
スーパー、小売店ではこれでもかっ!!というほどのスマイルで、街を移動する人々と、この表情の差は何なんだ!訳わからん。と感じておりました。


長々と書いてしまいました。要約すると
「私は日本にも笑顔が足りないんじゃないか?日本的笑顔は本当に中国人を幸せにするのか?」と考える一人なのです。


無理に笑い、そして自然な笑顔が生まれてくる。
異論はないです。


ただ、中国人には、日本的な営業スマイルより、ヨーロッパ的な日々のスマイルが人々の生活を彩り豊かにすると考えます。
それは日本人にも言えることで、営業スマイル止まりではなく笑顔が溢れる街にしたいものです。


中国は日本の笑顔よりも笑顔先進国が沢山あるヨーロッパを参考に笑顔を参考にしてみては?と思うのです。


女子高生の冷たい目線に心が折れる事もありますが、街中でのスマイルを私はやめません。
やまうちしん | URL | 2011/10/26/Wed 11:51[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.