FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

テストの時には、どの方法で解くのか、それを見極めるのが難しい。パターン別の解き方を学んだころにはテストが始まる
 中学1年生の Yさんが数学を習いに来ました。数学は苦手です。

 でも、何とか解き進んでいます。
 僕が、「ほら、ちゃんとできるじゃないか」とほめると、

「このように、同じやり方でやるときにはできるのだけど、テストの時には、どのやり方でやったらいいのかわからないから、点数が取れないよ」と言いました。

 そうなのです。

 数学を教えるときには、同じパターンのものを繰り返しさせ、次にまた別のパターンの問題を繰り返してさせます。

 数学ができる子は、その内容をきちんと理解しているので、それだけでテストの時にはどの方法でやればいいのか見極めて解くことができます。

 しかし、数学の苦手な生徒はそうはいきません。

 同じパターンで解くのは、例を見ながらでも何とかできます。

 しかし、テストではいろんなパターンのものが出題されます。その時に、どのやり方なのか、どのパターンなのかを判断して解いていかなければいけません。

 そのような子には、まずはパターン別に解き方を教え、そのあとにいろいろなパターンを混ぜて問題を与え、それを見極める方法を学ばせなければいけないのでしょう。

 しかし、数学の苦手な生徒です。パターン別の解き方を学ぶだけでも時間がかかってしまうのです。パターン別の解き方を何とか学んだと思ったころには、もうテストが始まってしまうといった感じです。

 なかなか難しいです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.