FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

 小学生英語、文法的な意味も知らずに、繰り返してやる方法も悪くはない
「小学校の英語をどう考えるか」についての質問メールを受け取りました。

さて、小学校の英語をどう考えるかですね。

 僕は基本的には、小学生に英語を教えるよりも、日本語である国語をもっとしっかり教えてほしいと思っています。

 ただ、もう始まりました。
 この段階では、英語をどのように教えるのか、ということで考えてみたい、と思います。

 僕は、基本的には英語は文法をきちんと学ぶべきだと思っています。文法がしっかりしないと応用力がつかないからです。

 では、小学生でも文法から教えるべきかとなると、そうは考えていません。

 文法の学習は、抽象的思考のできる中学生になってからに適しています。小学生の思考方法は、具体的な思考です。

 小学生までは、そのまま覚える、暗記するというのが得意です。

 だから、現在たぶん多くの学校でおこなわれている、文法的な意味も知らずに、繰り返してやる方法も悪くはないと思っています。

 いろんな文のパターンに何度も繰り返して接し、覚えて、楽しく使えるようになるのは、それからの英語学習にとってプラスになると思っています。

 そのようにして、とにかく英語の単語、文を多く覚えて、そして中学に進み、文法的な意味で再構築することができれば、英語力はついていくのではないでしょうか。

 以上、僕は小学生にそのような教え方をしたことはありませんが、僕の頭の中で考えたことを書いてみました。
 
 僕の塾では、4年生や5年生から英語を始めることもあります。

 でもそれはほかの科目がとても順調に進んでいて、時間的に余裕のある子です。

 そういう子には、拙著「プログラム学習英語」を与えています。文法ではありますが、十分にやって行けています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.