FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

銀行の両替機「お取り扱い金種」
(↓をクリックすると、このページを音声で聞くことができます)
Speech.mp3

銀行に両替に行きました。コンビニで大量にカラーコピーをするため、500円玉がたくさん必要だったのです。

 僕は1万円札を持って、両替機の前に立ちました。タッチパネル式です。

 そこに表示された文字を見ると、

お取り扱い金種


 とあり、\5000札 \2000札などが描かれていますが、1万円札がないのです。

 僕は1万円札を両替することができないと思い、家に戻りました。そして、そのことを妻に話すと、1万円札もできるはずだというのです。

 僕は念のために5000円札も準備して銀行に戻りました。

 そして1万円札を入れて両替を行ったのです。するととてもスムーズにできました。

 もう一度、最初の画面を確認したのですが、やはり
お取り扱い金種の中に1万円札はありません。

 考えてみました。

 この「お取り扱い金種」というのは、
「次の金種に両替をします」ということなのでしょう。
「次の金種を」ではないのです。

 僕は、それを「金種を」と解釈したのです。

 でも、僕の解釈力が劣っているというよりも、その表現が悪いのではないかと思います。

 「お取り扱い金種」とだけあれば、僕のような解釈も十分にできると思うのです。

 後で話しを聞くと、妻も最初戸惑ったようです。

 多くの人が戸惑い、また僕のように引き返す人もいるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.