FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜ、春分の日や秋分の日には、太陽は真東から昇るのか
 中学3年生は天体の学習をしています。

 春分の日や秋分の日には、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。

 なぜそうなるのかと、習いにやってきました。

 僕は、地球儀を持ち出して、いろいろ説明しました。
 でも、わかってもらえたでしょうか。
 なかなか難しいです。

 それで、僕の考えを整理するつもりで、ここに書き出してみます。

 まず、地球の地軸が傾いたまま太陽のまわりを公転しているので、春夏秋冬の季節が生じます。
それは大丈夫ですね。

harutaiyou.jpg

 さて、夏の太陽と地球の位置関係を見てみます。(北半球中心で)

 次のようになっています。太陽と地球の距離は極端に短く描いています。

harutaiyou3.jpg

 太陽に向かって、地軸がお辞儀しているような感じです。

 すると、地球のどの地点でも、東の方向は、太陽の方向よりも南側に向いていることがわかります。

 それで、太陽は東の北寄りの空から上る、ということになるのです。これは理解できるでしょうか。

 季節は冬です。地軸は逆の方向を向いています。
 ふんぞり返っていると考えてもいいですし、逆向きにお辞儀をしていると考えてもかまいません。

harutaiyou4.jpg


 この状態では、地球から東の方向は、太陽の方向よりも北にあることがわかります。だから冬には東の南寄りの空から太陽は上ってくるのです。

 さて、春分や秋分の日です。地球の地軸は太陽に横向きにお辞儀をしています。


harutaiyou2.jpg


 太陽の光線は地軸に垂直に降り注ぎます。そのときの状態を、公転面は無視して、地球の地軸を真横から見るようにな感じで見た図は、次のようになります。
 地球からの向きが知りたいので、この場合には公転面は無視しても構いません。

 すると、地球のどの地点でも、真東方向に太陽があるのがわかるでしょうか。

 このようになっているので、春分の日や秋分の日には、太陽が真東から昇ってくるのです。



「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(地学)に関するものを集め
『セルフ塾の中学理科(地学編)わかる教え方』として、 Kindle ストアから出版いたしました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.