FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

全国商工新聞に連載中の「笑いと健康」
 民商仲間のYoshihiro君が、「全国商工新聞に連載している『笑いと健康』というコラムは、とてもおもしろいよ」とぼくにすすめました。
 医療生協さいたまおおみや診療所の医師松本光正さんが執筆しています。

 それを聞いたShueiさんが「うちのも面白いといって切り抜きをしている。周りの人にも勧めていて、とても好評だそうだ」といっていました。

 実は、僕は読んだことがありませんでした。

 それで、うちに帰って、新聞置き場をひっくり返しました。
 一番新しいのが2011年11月28日付で 19回目です。
 その半分ほどは見つけることができ、切り抜きました。

 Yoshihiro君が勧めるだけあって、けっこう面白いです。
 そして、かなりユニークです。医者がこのようなことを書いていいのかなと思うところが、少なくありません。

 少し書き出してみます。

 血圧を上げて体のすみずみに血液を届けるために、血圧を一生懸命に頑張って、上げてくれているのです。体が一生懸命に頑張って上げてくれている血圧を薬で無理やり下げているのが今の医療の姿です。



 知ったばかりに不安になることはしばしばあります。「知らぬが仏」です。西洋でも同じことわざがあります。「無知は至福」です。自分の体、健康を早めに知って得するのはほとんどありません。むしろ早く見つけない方がよいくらいです。の~んびり、のんびり「知らぬが仏」、いいことわざです。



 命さえ、寿命さえ、老化さえ、心に支配されているのだということです。若く、美しく、いつまでも元気に長生きしようと思うならばプラス思考で、笑いです。



  全国商工新聞が手に入る人は、ぜひ読んでみてください。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.