FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ある物質10㎤のときの密度が 7.86g/㎤だった。この物質20㎤の時の密度は15.72g/㎤ ??????
中学1年生は、理科で密度の学習をしています。

 密度というのは1㎤当たりの質量のことです。

 だから、同じ物質であれば、体積がいくらであっても密度は変わりません。

 それを言葉で説明した後に、次のような問題を入れました。

 ある物質10㎤のときの密度が 7.86g/㎤だった。この物質20㎤の時の密度はいくらか。


 正解は7.86g/㎤です。

 でも、それを2倍して15.72g/㎤とする子が、圧倒的に多いのです。

 説明はあっても、なかなか理解できないようです。

 R君がやってきました。

 説明を読んで、そして説明してあげたのですが、なかなか理解できないようです。

 それで次のような図をかいて説明しました。

mitsudo.jpeg

 これが10㎤をあらわす。そして密度というのは 1㎤当たりの質量なのだから、これだけこの左側一つだけの重さのことだよ、と強調しました。図では色つきにしました。

 密度が1㎤当たりの質量だというのは、やっているので、「もちろん、分かっているよ」という表情です。

 そして、次に20㎤をあらわ図を描きました。次のようなものです。

mitsudo2.jpeg


 そして、密度というのは1㎤当たりの質量なのだから、これだけのことだよね、ということで示しました。

 すると、今度は納得したようで、
「あ、同じだ!」と言いました。分かってくれたようです。

 やはり、図示することが大切なのですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.