FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

覚えるのは、「天体が、東から昇って、西に沈む」ということだけ
 中学3年生は、理科で「天体」を学習しています。

 Y子さんが習いに来ました。話しの途中で、「星は反時計回りに動くの?」と訊きました。

 少々混乱しているようです。

僕は、

北の空では反時計回りで、南の空では時計回りに動く。

でも、覚えるのは、地球が西から東に自転しているので、天体は東から西に動く、それだけだよ。

 東から西に動くから、北の空を見ると反時計回りに動くようにみえる。

 そして、南の空を見ると時計回りに動くように見えるんだ。

 北の空を見てごらん。
 右手の方が東で、左手の方が西だよね。
 東から昇って、西に沈むから、右手の方から上って、左手の方に沈むように動くんだ。
 だから、反時計回りに動く。

 次は南の空を見てごらん。
 今度は、左手の方が東で、右手の方が西になっているね。
 だから、左手の方から上って、右手の方に沈むんだ。
 今度は時計回りに動いているね。

 このように、東から昇って西に沈むということだけを覚えておけば、反時計回りか、時計回りか、すぐわかるんだ。


 覚えるのは、出来るだけ少なくして、あとは、それをもとに、理解するように努めるべきだ、と思っています。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.