FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

伊計島の仲原遺跡に行く。国指定史跡、竪穴式住居跡
 きのうは、Kyokoと二人で伊計島の仲原遺跡(なかばるいせき)に行って来ました。国指定の史跡で、縄文時代のムラの跡だそうです。

 行く前に、インターネットで仲原遺跡の地図を探しました。 ページによって仲原遺跡遺跡の位置が全く異なります。

 はっきりしないまま行きましたが、伊計島に入って、注意しながら表示を見ると、全くまようことなく仲原遺跡に到着することができました。

 これから行く人も、伊計島まで行くことができれば、まず大丈夫だと思います。島の中央付近です。

 きれいに整備されています。

 ネットを見ると、竪穴式住居の屋根がいくつかあるのですが(いくつかはこわれかかっている)、今日は、屋根があるのは一つだけです。

 あとは穴があり、住居の跡だとわかるといった感じです。

 すべての屋根を管理するのは大変でしょうね。

 でも、一つだけでも屋根があるととてもいいです。竪穴式住居がどんなものなのか、よく理解できます。

 住居の中にも入ってみました。入り口が小さいので、とても入りにくいのですが、中に入ると結構広くて、これなら生活できそうだという感じがします。

 とにかく、竪穴式住居というのを体験できてよかったです。

 竪穴式住居にすると、柱や壁が必要でない、ということがすぐにわかります。そのためにこういう住居にしたのですね。

 奈良時代までは、庶民はこういう住居に住んでいたと聞いたことがあります。

 次は観光チャンネルの仲原遺跡の項からです。遺跡にあった石文です


沖縄観光チャンネル 仲原遺跡

石文より
仲原(なかばる)遺跡の概要
仲原遺跡は、島のほぼ中央部の平地に営まれた縄文時代のムラの跡です。北側海岸に近年まで使われていた自然湧き水(インナガー)があり縄文時代から使われていたものと考えられます。遺跡一帯はもとキビ畑で、土地改良事業の事前の発掘調査で竪穴住居址が発見されました。これにより不明であった沖縄県の縄文時代晩期(約2500~2000年前)のムラの広がりや住居の大きさ、造りなどが具体的に分かってきました。また遺物も土器の鉢、壺、石斧類、骨製の針、錐、他に当時の人が食べ残した獣・魚骨類、貝殻類が出土しました。
遺跡は土地改良地内にありましたが、住民の協力により保護され、また学術上価値が極めて高いことから、昭和61年に国指定史跡になりました。
所在地 うるま市字伊計1972番地
指定年月日 昭和61年(1986年)8月16日
指定面積 4758㎡
整備期間 昭和62年~平成8年度(10年間)



CIMG0580.jpg
CIMG0587_20111220231756.jpg
仲原遺跡


 さて、そこから少し車を走らすと、犬名河(インナガー)という泉がありました。沖縄では、泉のことを「カー」といいます。

 「犬名河由来記」の石碑がありました。犬名河は、崖の下にあり、石段を150段も下りたところです。もちろん、下りました。

 すぐそこは海です。海のそばですが、真水です。飲んでみました。今でもかなりの量の水が出ていました。

 犬名河については、ここに来るまで知らなかったのですが、いいのをみました。

沖縄の風景・・犬名河の風景

犬名河(インナガー)由来記 - 現地の石碑より引用

 犬名河(いんながー)は伊計部落より北西約一粁の処から、更に急勾配の石段を百五十段も下りた崖下の海岸近くにあり、今から数百年も昔、農夫が畑仕事をしていると、犬がずぶぬれになって身震いしながら海岸から上がってくるので、不思議に思ってついていくと、犬が湧き出る泉で水浴びをしていたという。以来、犬名河と呼ばれ、伊計島唯一の水源地として人々の生活を支えてきた。
 しかし、部落からの道程が遠く、百五十余の石段の上り下りは、住民にとってかなりの労働だった。

伊計人の嫁や ない欲しゃやあしが 犬名河の水の 汲みぬあぐで

 という、当時の娘達の心情を吐露した名歌が残されている。この水汲みの労苦を救わんとして、伊計島の先人達は二ケ年の才月と壱万弐千五百円の工費をかけて、昭和10年12月、部落内に簡易水道を敷設して一気に水事情を緩和させた。
 戦後、米国沿岸警備隊の駐留に伴い、揚水機の増力、貯水タンクの増設、水源地の拡張等により、犬名河の水事情は更に改善された。
 時代は移り、昭和57年4月、伊計大橋の開通と共に上水道が導入されることとなって、犬名河の住民に対する生活用水としての使命は終焉を告げるに至ったが、今後は農業用水として更に新しい使命を担って、伊計住民の生活と深くかかわり続けていくことでありましょう。

昭和59年12月



伊計人の嫁や ない欲しゃやあしが 犬名河の水の 汲みぬあぐで
(伊計人の嫁になりたいのだが、犬名河の水汲みがあるしなあ.... )



CIMG0597.jpg

 そのあと、サーキット伊計のレストランに行きましたが、ランチタイムは終わっており、入れませんでした。

 伊計ビーチキャンプ場のレストランでソーキそば(600円)、焼き肉定食(650円)を食べて帰ってきました。

 アルバムをアップしました。初めてです。

 うまくいっているでしょうか。

 うまくいけば、アルバムの写真をクリックすると、地図上でポイントが表示されます。。

https://picasaweb.google.com/102887067863029028957/20111221


より大きな地図で 仲原遺跡(伊計島) を表示


より大きな地図で 仲原遺跡(伊計島) を表示
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.