FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

強化子
 これまであまり起こらなかった行動がよく起こるようになることを「強化」といいました。

 強化するには,「プラスの強化子」がその行動のあとにつづくことが必要です。

 授業中に手を挙げたら,先生があてて答えたら賞賛された。「手を挙げる」という行動の後で「あてる,そして賞賛」ということが起こると,手を挙げる頻度が高くなりますね。その「あてる,賞賛する」というのが「プラスの強化子」です。

 問題を解いたら,解けた。この「解けた」というのが強化子です。
 親切にしたら,相手が「ありがとう」と言った。「ありがとう」の言葉が強化子。
 働いたら,給料がもらえる。給料が強化子。
 勉強をしたら成績が伸びた。成績が伸びることが強化子。
 
 心理学では,この強化の実験は,ねずみや鳩を使って行われました。だから,えさが強化子でした。バー押したら,またはパネルをつつくと餌が出てくる。バー押し行動,パネルつつきが多くなる。

 だから,餌など物でつるのが強化子だと思って批判する人もいますが,それだけではありません。
 
 お金などいらない。私は病気で苦しんでいる人を救ってやりたいんだ。という場合も,病気の人が治って喜ぶ,というのが強化子です。
 宗教の布教のために,ジャングルの奥まで入って苦労しながら布教活動をする。神が自分を認めてくれる,あるいは神が喜んでくれる,そういったことも強化子となります。
 いや,だれに認められたいからということではない。とにかくこの仕事をやり抜くんだという場合,その仕事の完成に一歩一歩近づいていくというのが強化子になるのでしょう。

 これまで何度も書きましたが,「学ぶ喜び」。
 その「学ぶ喜び」が強化子となって学習を続ける子,それを育てるためにはどうすればいいのか,それがまた課題ですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.