FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「あいた口がふさがらない」を辞書で引くときは、「開(あ)く」を引く
 中学3年生の S君が、「『あいた口がふさがらない』がありません」と来ました。

 セルフ塾では、言葉の意味を調べる課題があります。僕が作った言葉のリストにある言葉を、辞書で引いて意味を書くのです。

 その課題で、「あいた口がふさがらない」というのを探しても見つからないというのです。

 この質問はたびたびあります。

 僕は、「開(あ)く」を引けばいいんだよ、と教えました。

 「あいた口がふさがらない」のような慣用句やことわざなどの場合には、一番最初の言葉の終止形を調べるとあることが多いです。

 子どもたちはそのまま「あいたくち・・・」で調べるので見つけ切れないのです。

 そういう知識というのは教えてあげた方がいいですね。

 旺文社の「標準国語辞典」の「開(あ)く」の項には

---いた口がふさがらない(=あまり意外であきれてしまう)


 とちゃんとあります。

 Sくんも「ありました」と言っていました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.