FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

不登校児Kさん(つづき)
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-272.html


の続きです。

 3年になって学校も休まずに通うようになったそうです。前にも書きましたが,ぼくは基本的に学校のことなど尋ねません。とにかく,塾で学習に励めばそれでよし,としています。
 それでも,不登校であること,同じ学校の生徒がいないこと,などでぼくらも心配ではありました。ぼくらはそういうことに関しては見守ることしかできません。   でも,そのうちに塾内にも友人ができました。休み時間には楽しそうにおしゃべりをする姿も見られるようになりました。

 最初のころは,ぼくらから教わりながら,難しい問題にぶつかると,「学校行ってないから,分からん」「Kは,バカだから」などと,つぶやいていました。でも,それもいつのまにかなくなりました。

 セルフ塾では,漢字検定や英語検定は,年に1度は義務とし,必ず受けるように勧めています。いや,強制しています。
 Kさんも特別扱いせずに受けるように言いました。最初,「学校に行っていないから,分からんのに」などといつものセリフをはいていやがっていました。
 でもとにかく受験させました。もちろん最初は英検5級から。それに合格。自信をつけたのでしょうね。その後は,英検があるたびに上の級,上の級を受けるようになりました。塾では年1度が義務なので,毎回受ける必要はないのです。自発的になったのです。そのようにして受けていって,卒業までには3級にも見事合格しました。英検3級は中学卒業程度です。3年生のときには学校にも通っていたとはいえ,基本的には塾での学習で3級合格までこぎつけたのですから,ぼくらにとっても大きな自信になりました。

 なお,3級からは面接もあります。面接の練習もやりました。はにかみながら答えるので,「はっきり大きく,間違えてもいいから」と指導しました。でも,あの娘が面接にも合格できたか,と思うと感慨深いです。

 漢字検定も積極的に受けました。漢字検定も3級(中学卒業程度)に合格しています。

 さて,このように力をつけてきました。そして高校受験に向けてがんばっていました。

 ところが,プレ入試(県立高校入試の模擬テスト)を受けて,志望高校判定が出ました。そして,保護者面談。そこで,きびしい現実が待っていました。内申点が足りないのです。内申重視の県立高校の合否判定はとてもきびしいものでした。
 最初は,とにかく学校に通えるようになればいいと思っていたご両親も,娘が伸びてきたものですから,高校へ,という希望を抱くようになったそうです。
 内申点が悪いのは,考えたら分かりますね。1年,2年と学校に行っていないのですから悪くて当然です。
 そのうちに,私立のK高校ならどうだろうか,とご両親から相談がありました。
 ぼくらも良案だと思い,そこも受験することになりました。県立との日程が異なるのでどちらも受ける方向です。

 私立K高校の方が先です。そして,見事に合格したのです。K高校は3コースに分かれていて,そのうちの2番目に難しい特別進学コースです。国公立大学,私立大学受験を目指すコースとのこと。
 合格の知らせを聞いたときは,ほんとうにうれしかったです。電話の向こうではお母さんの涙ぐんだ声が聞こえました。苦労してきただけに,このうれしさは無上のものだったと思います。

 Kさんが書いた作文を紹介します。高校受験には作文があるので,その指導もかね,セルフ塾の教材,セルフ塾で学んで,というテーマで書いてもらったものです。

 私はセルフ塾の教材で,英語が良いと思います。2年生も3年生も1年の英語からやるから基礎ができるから,難しい問題が解けるようになって,授業にとても役に立ちます。
 また,2年生の英語はちょっと難しくなるけど,庸次さんや京子さんや学習援助者の人たちがわかりやすく教えてくれるので,2年の英語も出来て,3年生の英語もできるようになるから,とてもわかりやすくて,勉強するのが少し楽しくなりました。そして,学校での授業も楽しくできるようになりました。なので,私は,セルフの英語はとてもわかりやすいと思いました。

 セルフ塾の好きなところは、いろいろ細かく教えてくれるところです。あと、5ポイント休暇があることです。
 セルフ塾のノルマは多くて最初は終われない日が多かったけど、終われる日が増えて5ポイントが取れるようになりました。
 あとタイムカードを押し忘れたら掃除だったので、タイムカードを忘れずに押すようにしました。
 そして、自分で勉強できるようになって、勉強がよく分かるようになりました。それから学習援助者の人もわかりやすく教えてくれたので勉強が分かるようになりました。


 高校は楽しく通っているようです。1月のお汁粉DAYのときには,友人とやってきました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.