FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

cm2(平方センチメートル)をm2(平方メートル)に換算する
 中学3年生は、高校入試に向けてラストスパートです。

 理科で、圧力をもとめる問題がよく出ます。

 単位は、最近では、P(パスカル){N/m²}です。

 力はN(ニュートン)、面積はm²(平方メートル)にしなければいけません。

 ただ、問題では、よく面積はcm²(平方センチメートル)で与えられます。

 先日出た問題でも、平方センチメートルで出ていました。

 25cm²です。これをm²に換算しなければいけません。

 僕は2通りの教え方をして、自分がやりやすい方法でやりなさいと言いました。

 まずは 1m²=10000cm²ということを確認します。

 それがすぐに出ない生徒には、1つの辺が1mの正方形と、1つの辺が100cmの正方形を描かせます。

 1つの辺が1mの正方形の面積は1m²です。

 そして1つの辺が100cmの正方形の面積は、
100cm×100cm=10000cm²になります。

 この2つは同じ面積ですから 1m²=10000cm²というのが出てきます。

 1mが100 cmだということは絶対に覚えていなければいけないことです。

 それさえわかれば 1m²は10000cm²ということは、このようにして出すことができます。

 それがわかれば 25cm²のをm²に直すのは、次のような田の字表を書けばすぐに出ます。

10000 cm²  25c m²  
1 m²  x m²  

 そして、たすきにかけて
 10000x=1×25

これを解くと 0.0025 cm²というのが求められます。



 次の方法を説明します。

 25cm²は、5cm×5cm の正方形の面積と考えるのです。

5cmは0.05mです。だから0.05m×0.05m=0.0025m² で
25cm²=0.0025m²というのが、すぐに出てきます。

 cm²で与えられたら、自分で勝手に何cm×何cmの長方形(正方形)だとしてしまえばいいのです。

 12cm²なら、縦が3cm、横4cmでも、縦が2cm、横が6cmと考えてもかまいません。

 このようにして縦と横の長さを自分で決めて、それをメートルに換算し、面積を求めればいいのです。

 こちらの方がわかりやすいように思います。





この本は「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(物理)に関するものを集めたものです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.