FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「昼の長さ」というのは、日の出の時間から、日の入りの時間まで
 中学3年生は、入試に向けて予想問題を解いています。

 理科で、透明半球を使って昼の長さを求める問題がありました。

 田の字表も使って、昼の長さが13時間30分と出ました。

 そこで戸惑っている生徒がいます。

 昼の長さが13時間30分もあるのか、という感じです。

 話を聞いてみると、昼というのが、正午以降、つまり、朝、昼、晩と1日を分け、朝は昼に入らないと思ってるようなのです。

 英語で言うところのアフタヌーンを「昼」と思っているようです。

 他の生徒にもきいてみると、かなりの生徒がそう思っているようです。

 朝は「おはよう」で、昼は「こんにちは」、朝ご飯があり、昼ご飯がある。

 日常の中では、朝は昼ではないのですね。考えれば、そう思っても不思議ではありません。

 僕は、
「少なくても理科では、昼の長さというのは、朝太陽が出て、太陽が沈むまでの時間だよ」と説明しました。

 僕はそれを当然のことだと思って話をしていたのですが、中学生に教える場合には、そのあたりも気をつけなければいけないと思いました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.