FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Kくんのこと(つづき)
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-280.html
の続きです。

 バイトは辞めてもらうことにしたKくんですが,彼のお母さんがやってきて,ここ(セルフ塾)で勉強させてくれないかとのこと。彼もその気になっているそうです。彼がバイトをしている間,なんとなくセルフ塾の学習が見えてきたのでしょうか。セルフニュースも与えていたので,そのせいでしょうか。

 まあ,勉強をする気になったのはいいことです。できるだけ力になりましょう。
 ただ,夜のみんなといっしょより,午前中にやる方がいいと判断し,これまでのバイトのときと同じ時間に来て貰うことにしました。
 朝10時に来て午後1時30分ごろまでです。月曜日から金曜日まで毎日。

 中学校はほとんどいっていませんが,理解力は悪くありません。課題をやるスピードも速いです。毎日,英語,数学,理科,社会をさせました。それも1年の範囲から。
 黙々と取り組みました。彼は自分のやった課題をチェック係(朝は,前日に調べられなかった課題をチェックする人がいます)に提出,チェックしてもらいます。そして間違えたところを治します。
 ぼくは近くで自分の仕事をやっています。だから,分からないところは習いに来るようにとしています。しかし,彼は間違えても間違えても習いにはやってこないで,自分でやります。チェック係が「Yojiさんに習ったら?」とアドバイスしてもききません。なかなか強情者です。
 そのうち,チェック係がぼくに直接テキストを渡し,ぼくが呼んで教える,ということもたびたびでした。

 まあ,そんなふうにしながら1年間学習をつづけました。病気などの特別なことがない限り休みませんでした。よく続いたと感心しています。そして,1年間で3年分の学習を終えることができました。
 冬になるころには,次の4月からどうしようと,お母さんを交えてなんどか話し合いました。お母さんは高校への進学を望んでいたと思います。ぼくらもその方向がいいのではないか,と思っていました。通信制の学校もありました。
 しかし,結局彼は大検受験の道を選びました。ただ,大検に向けての勉強をセルフ塾でできないかとのことでした。それはお断りしました。大検に向けてはそれなりの勉強があり,塾では対応できないからです。
 それで,4月からは大検向けの塾に通い始めました。そこでセルフ塾は卒業です。

 そして1年後,大検にはすべて合格し,専門学校に行くことになったと報告に来ました。お母さんもいっしょでうれしそうでした。
 そしてそれから2年。
 それがおとといのことで,彼が塾にやってきて,専門学校を無事卒業し,そして就職したとの報告でした。
 正直なところを言えば,最初は無愛想で社会性が欠けているという感じでした。しかし,学力をきちんとつけるうちに自信もつけたと思います。今度やってきたKくんはしっかり私どもとも会話が出来,社会性もできてきたように感じました。これならこの就職でまた大きく育っていくだろうとの感触を持ちました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.