FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

春休みスリランカ旅行2日目 [ニゴンボ~アヌラーダプラ~ポロンナルワ]
 きのうは移動だけだったので、スリランカの旅が今日から始まります。

 スリランカは仏教の国です。仏教の関係の遺跡がとても多いです。

 神聖な場所に入る時には、帽子を脱ぎ、靴を脱ぐことになっています。室内ならまだしも室外もそうなのです。砂地や土の部分、石畳の部分を靴なしで歩きます。

ここの暑さは沖縄の真夏以上です。そこを、帽子なし、靴なしで歩くのですから大変です。少し同じところにと
どまると足が焼けるように熱くなります。

 さて、僕らの車の運転手は、かなり乱暴です。程度をあげて走り、少しでも遅いと抜ききます。
 片側一車線の道です。6時に反対車線から車が来ますが、その車が僕らの車をよけて走っています。
 そのような乱暴な運転のせいでしょうが、僕は車酔いをしてしまいました。仏教が伝わったという崖とそばにある仏塔を見に行くことになりました。僕は付いていく自信がなかったので、下で待って出ていました。

 京子は元気です。張り切って登って行きました。でも、大変なところだったようで、途中で後から来た青年に色々助けてもらったとのことです。その青年は、困っているのを手伝い、そのチップをもらっているようでした。


以下は行動記録です。

6時過ぎに起床。その前に、2時間半前の3:30に携帯電話のアラームが鳴りだす。あとで気づいたのだが、シンガポール時間にまだなっていた。自動的にここの時間になるはずだが、なっていない。それで腕時計のアラームをセットしてもう一度寝る。
7:07部屋を出てホテルのレストランへ朝食に向かう。
7:46朝食を済ませる。ホテルの前は海が広がる。インド洋だ。結構広い砂浜だ。ジョギングなどをする人がいる。またホテルの従業員が掃除をしている。
7:56砂浜を歩いていると、親しさをに話しかけてくる人がいる。あとでものをるつもりだということが分かった。また、おなかがすいているという言って、物乞いをする人もいる。身なりはしっかりしている。
8:25ごろフロントの前に出ると、もう迎えてくれる。すぐに出発する。
8:35。車の中から浜辺で引き網漁をしている人たちを見る。帆船の小舟がたくさん並んでいる。
8:47このあたりは瓦造りの工場が多く並んでいる。ここは、台風も地震もないのでかわらぶきの家が多いとのこと。
10:40。道沿いで売っている椰子の実を買って、ヤシの汁をのむ。かなりの量が入っている。京子はのみ切れない。あっさりした味である。甘みはそれほどない。
11:39 スリランカ最古の都市アヌラーダプラ到着。車を降りる。
11:43史跡の中に入る。ガイドブックにもあったが、ここは帽子も乗り、靴もなく。室内ではなく室外で、砂の上や土の上を靴なしで靴下で歩く。
12:23アヌラーダプラの観光を終え、車に戻る。最初は大したことないと思ったが、かなり暑くて足の裏がとても熱い。
12:29 車を降りてレストランへ向かう。
13:25食事を終えて車に乗る。僕らが食事をしていると猫が足元にやってくる。僕が食べ残したチキンや魚を与える。
13:34車を降りる。
ロアマハパエ
40 × 40の1600本の柱が並んでいる。その上に7階建ての期の建物が建っていたとのこと。
13:55 また靴を脱いで遺跡に入る。
インドのブッダガヤの菩提樹の分け木を植樹したスリ・マハ菩提樹を見物。
14:17 高さ55mもあるルワンウェリ・サヤ・ダーガバ(仏塔)(ルワンウェリセイ)を見物。
仏教の旗もたくさん並んでいる。仏教の旗があることを初めて知る。
14:20 デュテュケム王
14:29 沖縄の真夏の暑さ以上の暑さである。直射日光もとてもすごい。靴なしで歩いているので足の裏が焼けそうだ。
14:41車に戻る
14:42 車を降りる仏塔へ。
アヌラーダプラ最古の仏塔トゥパラマ・ダーガバ。仏塔=イストゥーパ
お釈迦様の右のあごの骨が入っているとのこと。
14:56車に乗る。ムーンストーン月の石を見に。
15:03車を降りる。
15:09ムーンストーンを見る。いろいろな動物などが刻まれている。とてもよく残っている。
15:11車に乗る。
15:13水を買う100ルピー
15:13 仏塔
15:20 クッタンポクネという僧のためのため池。身を清めるためのもの。
15:29 車にのって途中、仏教伝来の聖地ミヒンタレーに向かう。
15:54 車を降りる。昔の病院。薬を調合したところや人が薬につかる浴槽のようなものがある。
16:09 僧侶が食事をするところ。ダーナサラーワ。ミヒンタレの遺跡。
16:25これから崖の上の仏塔を目指して歩くとのこと。かなりきつい坂のようだ。僕は車よりをしていて体調が良くない。それでいくのを取りやめる。京子と現地ガイドの二人で出かける。僕は下で休んでいる。
16:54眠っていると地元の初老の人が話しかけてくる。最初は英語で、途中から日本語で。菩提樹の葉をいただく。
急に風が吹き出す。雨が降りそうな気がする。京子たちはまだ下りてこない。
17:10京子たちがやっと降りてくる。登り始めてから45分も立っている。かなりきついところだったようで、京子が苦労していると青年が助けてくれたとのこと。ガイドによるとそれを見越してうしろからついてきているとのこと。ても助かってよかったと京子は喜んでいる。チップをあげる。
17:20車に乗る。
18:45ホテルに到着。現地ガイドが僕らのチェックインを代わりにやってくれる。
18:56ホテルの部屋に入る。とてもとても広い部屋だ。
その後少し休む。
20:30ごろ部屋を出て食事に向かう。
バイキング。地元のビールをひとビン二人で飲もう。
21:21食事を終って部屋に戻る。
これからまた食堂にむかつ行き、インターネットでこれをブログにアップするつもりです。

スリランカ2-1

スリランカ2-2
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.