FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「さとうきび畑」の歌碑を見てきました
さとうきび畑」歌碑建立 読谷・高志保 琉球新報2012年4月2日
 

【読谷】「ざわわ、ざわわ、ざわわ」とサトウキビの葉が揺れる歌詞で始まる、沖縄戦の悲しみを歌った故・寺島尚彦さん作詞作曲の「さとうきび畑」(1967年)の歌碑が読谷村高志保のサトウキビ畑に囲まれた地で完成、1日に除幕式が開かれた。


 ということで、Kyokoと歌碑を見に来ました。変わったことがあるとすぐに関心を示す2人です。

 かなり立派な歌碑でした。

satoukibi6.jpg


satoukibi7.jpg

ざわわ憲章

私たちは、平和を希求する全国の皆さんの熱い志で建立した「さとうきび畑」歌碑の継承を、次の憲章で表明します。

♪ 歌碑は、いくさのない世界をめざすために活用します。

♪ 歌碑は、こどもたちの平和な心を育むために活用します。

♪ 歌碑は、戦没者の無念の思いを後世に伝えるために活用します。

♪ 歌碑は、沖縄に点在する平和学習の場の一つとして活用します。

♪ 歌碑は、さとうきび畑の自然景観を守るために活用します。

♪ 歌碑は、作者が詩と曲に込めた平和の精神を歌い継ぐために活用します。

2012年 4月1日 さとうきび畑歌碑建立実行委員会



 この歌は、南部の摩文仁のサトウキビ畑の中で生まれた、ということを知っていたので、なぜこの読谷に、と不思議に思っていました。

 説明版には「昔 海の向こうからいくさがやってきた」地点の一つが読谷だからとあります。

 少し無理があるような気もするしますが、とにかくこの歌碑が建ったのは、とてもいいことだと思います。

 歌碑のそばに、ボタンを押すと、「さとうきび畑」のメロディーが流れてくるのは、とてもよかったです。

 次は説明板からです。

satoukibi8.jpg


さとうきび畑の歌碑
沖縄戦から19年たった1964年6月にサトウキビ畑の作詞作曲者、寺島尚彦は34歳で初めて沖縄を訪れ、地元の人の案内で、激戦地であった南部、摩文仁のサトウキビ畑に立ちました。このときのことを寺島尚彦はこのように書き残しました

車から降りて土の道をどのくらい歩いただろうか、気がつくと私の背丈よりずっと高くのびたサトウキビ畑の中に埋もれているのだ。暑い南国の陽ざしと抜けるように青い空。そのときだった、「あなたの歩いている土の下に、まだたくさんの戦没者が埋まったままになっています」天の声のような言葉が私に降りかかり、一瞬にして美しく広がっていた青空、太陽、緑の波打つサトウキビすべてがモノクロームと化し、私は立ちすくんだ。轟然と吹き抜ける風の音だけが耳を圧倒し、その中に、戦没者たちの怒号と嗚咽を私は確かに聴いた。


 寺島尚彦は2年近くかけてサトウキビ畑を渡る風の音「ざわわ」という言葉にたどりつき、66回繰り返される「ざわわ」に思いを込め、1967年、「さとうきび畑」は生まれました。そして半世紀近くたった今も、多くの歌手や合唱団によって全国で歌い継がれ、普遍的な世界平和を希求する名曲として、世代を超えて人々の心の中に染み込んでいます。

住民の4人に1人が亡くなるという未曾有の被害をもたらした沖縄戦において、読谷村は「昔 海の向こうからいくさがやってきた」地点の一つです。歌碑はさとうきび畑歌碑建立実行委員会により建立され、読谷村に寄贈されました。

作曲家、寺島尚彦のプロフィール

1930年6月4日生まれ、東京出身。さとうきび畑など作詞も多数。東京芸術大学音楽学部作曲家卒業後、コンボバンド 「♯さん♭さん」「なかよしリズム」などのテレビやラジオで活躍。作品は「みんなのうた」や「全国学校音楽コンクール」課題曲をはじめ、学校の教科書などに数多く提供。全国の学校の校歌も手掛ける。作曲以外にも演奏会の企画制作、コラム、エッセーの執筆、講演活動を行い、同時に大学でも教鞭をとり多くの演奏家を育てた。生涯現役を貫き、2004年3月23日永眠。


satoukibi9.jpg

satoukibi10.jpg

「さとうきび畑」の歌詞


 歌碑への道筋は次のページへ。
歌碑への道筋


 なお、沖縄の本土復帰に尽力された、屋良朝苗さんの銅像を、ぜひこの読谷村に建ててもらいたいです。屋良朝苗さんは読谷村の出身ですからね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.