FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「米兵による花嫁拉致事件(沖縄)」
 日本共産党中央委員会理論政治誌「前衛」(2012年6月号)の「座談会 沖縄県民と党の戦いから何を学ぶが」を読みました。

 その出席者の一人仲松庸全は、僕の叔父です。

 おじから直接聞いたこともありますが、ここに 1947年に起こった、「米兵による花嫁拉致事件」のことが書いてあります。

 映画にでもなりそうな、恐ろしい事件です。

 ネットで探しても、そのことに触れているページは見当たりませんでした。多くの人に知ってもらいたいと思い、叔父のその部分の発言を転載いたします。

このほか、統計にも数えられず闇に葬られた犠牲者は数知れません。

 私が具志川市にあった沖縄文京高校に在学中(1947年)、学校から数100mの兼箇段集落で、米兵の一群が結婚式当日の花嫁を拉致する事件が起きました。

 米兵らは2台のトラックに乗り、銃を乱射し、村人たちは棒と鎌、投石で戦いました。

 私たち学生も駆けつけて村人たちと共に戦いました。

 花嫁は無事に取り返しましたが、事件はまるで戦場そのものでした。

 復帰40年の今日、なおその状況は変わっていません。


 怖ろしい事件です。本当に植民地です。米兵は占領意識がかなり強いのです。

 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.