FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

トーカチは、米(八十八歳)の升を切るもの
 きのうは叔母のトーカチ祝いでした。
 それは、旧暦8月8日に行われるお祝いだそうですが、叔母の都合できょうになったのです。


 兄が庭にある竹を切って3本のトーカチを作ってきました。

 「何、そのトーカチって?」の質問に、兄が一応答えてくれたのですが、ここに、ネットで調べたことを補いながら書きます。

 まずお祝いの「トーカチ」について、

トーカチ - 沖縄大百科 - From Urumax


トーカチ
意味
【とーかち】 旧暦8月8日に行われる八十八歳(米寿)のお祝い。

タライや平らのカゴにお米を盛りトーカチを飾り立て盛大にお祝いする。

祝いに来てくれたお客様に1本づつトーカチを配っていた事からに由来する。

トーカチとは米の升を切る斗掻(とかき)の意味で、17世紀ごろ薩摩から伝わったものらしい。




「米」を分解すると、縦に「八十八」となりますね。それで88歳のお祝いを「米寿」と言います。本土でいう「米寿」を沖縄では「トーカチ」というのですね。


【沖縄うんちく話】沖縄の暮らしなど日常のささやかなことをご紹介


 に次の歌が紹介され、その訳もありました。

米(ユニ)のトーカチや
切り升(マシ)どやゆる
盛着(ムテイ)のカジマヤゆ
う願げさびら

日本語に訳すると・・・
88歳のトーカチ祝いはちょうどまだ升のすりきりぐらいだけど
もっと長生きして今度は升にこぼれるぐらい盛って
大きいカジマヤー祝いしようねー(おじぃ、おばぁ長生きしてよぉー)
・・・という意味



八十八(米)の祝いは、確かに長生きではある。
でもその命は升に入った米がちょうど斗掻(とかき)ですり切った程度だよ。
いっぱいではあるよね。
でも、まだまだ米を盛ることができる。
これからも米を盛るように、長生きして
カジマヤー(風車:97歳の長寿のお祝い)もお祝いしましょう。

 という意味をこめているのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.