FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学6年算数、代入の導入
 小学6年の算数では比例の式について学びます。

 そこで「代入」が出てきます。代入というのは結構難しいです。今回、朝日小学生新聞連載のために、教材を改訂していますが、そこで次のようにやってみました。

 次のように、まず代入する数値を与えて、カッコに入れて計算しなさい、という問題にします。

【問1】 次の( )に[ ]内の数を入れて、答えを求めなさい。
(例) [5] 4×( )=  →  4×(5)=20



 次は数値を与えるときに x= とします。
問1をやっているので無理なくできると思います。

【問2】 次の( )に、xと等しい数を入れて、答えを求めなさい。
(例) x=5 4×( )=   →  4×(5)=20



 次は( )の中にxが入っています。
 問2では( )の中が空欄になっています。ここではxをいったん取り出して、5という数値を入れなければいけません。でも、問2でやっているのですから、何とかできると思います。

【問3】 次の(x)のxの代わりに、xと等しい数を入れて、答えを求めなさい。
(例) x=5 4×(x)=  →  4×(5)=20



 次はxに( )がついていません。問3をやっているので( )をつけて交代するというのができると思います。

【問4】 xの代わりに、xと等しい数を入れて、答えを求めなさい。
(例) x=5 4×x=  →  4×(5)=20



 そして最後はyを求めなさいという形に持ってきます。

【問5】xの代わりに、xと等しい数を入れて、yを求めなさい。
(例) x=5 y=4×x →  y=4×5、 y=20



 これも逆行チェイニングを意識しながら作りました。


http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-190.html
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-188.html



関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.