FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ポップコーンとあの粒一つの重さは?
 中2のanneさんから
「水の状態変化と密度」を、ポップコーンで説明
に、コメントをいただきました。
 anneさん、ありがとうございます。


初めてコメントさせていただきます!
中二です!

ポップコーンの実例良くわかりました!!けど、質量、重さが変わらないというのはポップコーンとあの粒一つの重さが一緒ってことなのですか?



 すみません、厳密に言えば、ポップコーンになると、軽くなります。
 
 次のページに書かれています。

http://www.asahi-net.or.jp/~xg4h-iszk/popukonn/popu2/popu2.htm 

 ただ、細かいことは抜きにして、
 ポップコーンとあの粒一つの重さが一緒と考えた方が、質量と体積、密度は理解しやすいです。

 水の場合は、液体、固体で、質量(重さ)は変わりません。

 次のようにイメージすればいいと思います。

 液体(水)の場合、
 それぞれの水分子は、ばらばらに動き回っているのですが、遠くに行くことができません。

 それを5人の人が近くを動き回っていると考えます。

mizu1.jpg

 1人50kgで、5人で300kg。

 それが固体(氷)になります。固体は分子がしっかり結びつきます。だからふううは固体になると体積が小さくなるのですが、水野場合は、手を広げるようにして結びつくのです。

 5人が手を広げてつながっている感じです。実際は6角形になるそうです。

mizu2.jpg

 人が増えたわけでも減ったわけでもありません。

 だから5人で300kg。質量(重さ)は変わりません。
 でも広がっているので、体積は増えるのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.